--- ads by google ---

地元の観光イベントである「なまはげ柴灯祭り」に行ってきました。
ビデオカメラで撮影したものを、パソコンに取り込んで編集して、それをYoutubeという動画公開サイトにまで公開しています。
昔では考えられないことが、ビデオカメラとパソコンとインターネットの組み合わせで簡単に実現しちゃうんですね。

実は、こういったイベントを記録に残すのは、けっこう大変でした。
というのも一般的なデジカメは、暗いところのでの撮影が苦手で、すぐにフラッシュに頼っちゃうんですが、このフラッシュ自体が数メートル先までしか届かず、お祭りの雰囲気を捉えきれないというシチュエーションがしばしば発生します。

光学カメラメーカーの高級デジタル一眼レフだと、かなりいい感じで撮影できるようですが、こちらは交換レンズまで考えると、まだ気軽に入手できる値段ではないです。

この状況が変わってきたのが、ここ1年ぐらいの間に発売された最新のデジタルカメラ。
代表的なのは、やはりSONYのExmorR搭載機種です。

実は私はデジカメはDSC-WX1を一年前、ビデオカメラはHDR-CX170を半年前に購入しています。
暗いところでの撮影を想定しての購入でしたが、結果は非常に満足のいくものです。
もちろん、どちらもエントリーモデルに属する機種なので、画質等々で高級機に及ばないことは当然なんですが、こと、記録するという用途においては、非常にいいパフォーマンスを見せてくれます。

というわけで、CX170で撮影した「なまはげ柴灯祭り」で、各集落毎の「なまはげ」が暴れる姿をYoutubeにアップしましたんで、ご覧くださいませ。
3:30秒すぎあたりからの間直に見えるナマハゲの姿が、特にオススメです。

--- ads by google ---
なまはげ柴灯まつり Youtubeアップしました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です