--- ads by google ---

教室にiPad2を導入しました。
初心者用のテキストも用意いたしました。

導入の理由は非常にシンプル。
iPad2のタッチキーボードでは日本語50音配列が使用できるのです。

パソコンを習うにあたっての第1のハードルは間違いなく文字入力。

携帯電話の10キーインターフェースは効率や利便性を考えると決して優秀な方法ではないですが、それでも50音に馴染みがあるヒトにとっては、シンプルな構成で使いやすいのです。

それに対して今のパソコンはQWERTY配列を覚えた上で、さらにローマ字を覚えなおさないといけないという2つのハードルが待ち受けています。
経験上、このハードルは、多少の練習をいとわなければ問題なく超えていけるのですが、ぱっと見、どうやって入力するのかが分からないというのは、心理的なハードルになりえます。

それに対して、iPad2の50音入力は、画面を見た瞬間に理解できるため、初心者の方には一瞬で理解できるというメリットがあります。

実際、iPad2のタッチインターフェースは年配の方々を含めて初心者の方に向いたインターフェースです。

今年は、このメリットをなるべく多くの方々にお伝えしていければ、と思っています。

--- ads by google ---
iPad2導入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です