--- ads by google ---

前回に引き続き、写真とり込み関係の話題です。

ここのところ携帯電話キャリアの戦略もあって、スマホが急速に普及しています。
メリット、デメリットはあるとは思いますが、写真の取り込みに関しては実はすごく楽になります。
というか、こちらは、ほぼ無料で完全自動化されますので、実はかなり画期的かと。

利用するのはDropboxというオンラインストレージアプリ。
こちらはPCやMac、スマホやタブレットで、Web上にファイルを預けて、どのデバイスからも利用できるようにするためのアプリです。
もちろん、預けたファイルは、公開、非公開を指定できますので、勝手にプライバシーがオープンにされることはないです。
このアプリに、スマホで撮影した画像を、自動的にアップロードする機能があります。

つまりスマホで撮影した写真は、何の操作もせずに、自宅の無線LANエリアに戻ってくれば自動的にDropboxにアップロードされ、もちろんPCの電源を入れれば、PCのローカルファイルにもダウンロードされます。

これは、前回紹介したEye-Fiカードよりも便利です。
難点はスマホのカメラによって写真のクオリティが左右されることですが、逆にiPhoneでもAndroidでもいずれでも使えますので、その意味では機種選びの楽しみが増えます。
今年の夏以降のモデルは、スマホでも裏面照射型カメラを内蔵する機種が増えましたので、暗いところや、室内でもいい写真が撮れるチャンスが広がりましたので、ぜひおすすめいたします。

--- ads by google ---
スマホで撮影した写真の簡単取り込み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です