--- ads by google ---

前回の更新で、現在でもWindowsXP環境で作業をしていると書きましたが、今現在WindowsXP環境を新品で入手するのは、ほぼ不可能になりました。
WindowsXP環境を維持するには、特別な方法が必要になります。

現在、ほとんどのメーカーは、最新機種でWindowsXP向けのドライバーを公開していません。
自作向けパーツでも状況は同様で、そもそもOS自体の入手も、開発者向けの特殊な契約形態を除けば、通常、入手する術がありません。

そこで登場するのが、仮想環境技術と呼ばれるもの。
これは、普通のPCの一部に、PCにインストールされてるOSとは全く別の領域を確保して、そこで、別のOSを動かしてみよう、という技術です。
つまり、普通にお店から買ってきたパソコン(Windows7)に、仮想環境アプリをインストール。
そこでアプリを立ち上げると、そこに別のOSのインストールが可能になるので、別OS(WindowsXP)をインストール。
こうすれば、別OS(WindowsXP)は、一つのアプリケーションとして扱われますので、昔のOSなのに最新のPC上で問題なく作業を行うことができる、というわけです。

登場当初は動作が鈍い等、いろいろ問題がありましたが、現在では十分実用的なレベルに達しております。
一番の問題は、昔のOSをインストールするためのメディアや、ライセンスの問題です。
パソコンを買った時に付いてきたリカバリーCDでは、他のパソコンにインストールできなかったり、そもそも、そのリカバリーCDは、そのパソコン専用としてライセンスされてる場合がほとんどなので、他のパソコンには、インストールできません。
パッケージメディアのWindowsXP等を所有してれば問題ないですが…こう考えるとこちらも制約課題多いですね。

ちなみに、画像はWindwos7環境でVMwareという仮想環境アプリを起動して、その中でWindowsXPを起動しています。
わかりやすくXPの画面を小さく表示してますが、フル画面表示もOKです。
illustrator等の当時としては重いソフトですが、PCの性能が上がっていることもあって、問題なく作業できています。

ちなみに、VMwareは無料で利用できるアプリですが、商用利用に関しては有料版の利用が必要です。

いま、いろんな分野で利用が増えているアプリで、古いPCがそろそろ限界だけど、まだ、こちらの環境が必要だ、なんていう方には必携のアプリです。

--- ads by google ---
仮想環境を使って古いOSを稼働させる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です