--- ads by google ---

いま、タブレットと呼ばれる端末が急激に売上を伸ばしています。
特に昨年末から本格的に流通し始めた7インチサイズのタブレットが人気です。
要因の一つに昨年末から7インチサイズのタブレットが急激に値下がりしたこと。
Nexus7で19,800円、iPad miniでも28,800円から。
従来の10インチのタブレットは軒並み40,000円以上で、機能差はほとんどないとなれば手頃感があります。

ですが、実際に使ってみると画面サイズの違いは意外と使い勝手に影響するために、この手のデバイスを初めて買う人にはちょっとオススメしかねます。
外に持ち出さず、車で出かける時にも持って行くかも、程度であれば、10インチサイズのタブレットの方が圧倒的に快適です。

当教室「ら・く・か」でも現状では10インチでApple製のiPadをおすすめしています。

では、iPadの長所を4つほどあげてみます。

1.電源を入れてからすぐ操作できる

_ipad_merit1

iPadは電源スイッチを押してロック解除をすれば、その直後から使えます。
パソコンの場合は電源を入れてから操作できるようになるまで30秒から1分、古い機種の場合はそれ以上の時間がかかります。

何か調べ物をしたり、ソーシャルメディアを使ったり、アイディアを形に残そうとしたり、このすぐに使えるというメリットは意外なほど貴重で重要です。

2.日本語入力が始めやすい

ipad2_50

iPadは「あいうえお」順の配置で入力が可能なため、使いはじめるのが非常に簡単です。
最終的にはアルファベットの配置も覚えないとアルファベットの入力ができないですが、徐々に覚えればいいですし、ノートPCを使った経験があるなら、より簡単に使い始められます。

3.生産性の高いアプリ(追加機能)が多い。

_ipad_merit2 _ipad_merit3 _ipad_merit4

タブレットはアプリと呼ばれる追加機能を入れてどんどん用途が広がります。
iPadは10インチサイズを基準にしたアプリがたくさんあるので、生産性の高いクリエイティブ系のアプリは他のタブレットより良い物が揃っています。
例)
 お絵かきアプリ
 楽器アプリ
 手書きノートアプリ

4.電子書籍リーダーとして有用

_ipad_merit7

画面が大きく文字を大きく表示できるので、いま話題の電子書籍リーダーとして非常に有用です。
そう遠くない未来に、本の流通は大きく変わっていくはずです。
他のタブレットでも文字を拡大縮小するのは簡単ですが、文字は大きく表示される方が読みやすいのは間違いないです。
ただし、手で持つには今のiPadは少々重いので、タブレット用のスタンドは用意したほうがいいかもしれません。

他にも長所はありますが、初めて使う人にとって大事なポイントはこんな感じでしょうか。

--- ads by google ---
初心者にとってのiPadの4つの長所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です