--- ads by google ---

秋田県男鹿市のパソコン教室「ら・く・か」でございます。

さてメールをどんどん活用していくと、当然ながら届くメールが増えてきます。
メールの一覧に読んでいないメールが増えてくると、だんだんメール画面が見づらくなってきます。
特にサービス案内、広告メール、ネットバンクからの取引通知などは、内容を読むことはほとんどないのに、あっという間にたまってしまいがちです。

こういう場合は、メールをフォルダ毎にわけて管理することで、メール画面を見やすくできます。
このあたりは携帯電話のメールと同じような機能がありますので、想像しやすい機能かと思います。

というわけで、前回オススメにしたOutlook.comでのメールをフォルダ毎に仕分け方る方法を解説していきます。

1.Outlook.comのメイン画面から右上の「設定」ボタンをクリックしてメニューから「メールの詳細設定」をクリックする

_01

2.「オプション」画面で「新着メッセージの仕訳ルール」をクリック

_02

3.「新しいルール」をクリック

_03

4.手順1の条件を指定→手順2のアクションを指定する

 条件は差出人名や、件名などを柔軟に指定できます。
 そこから「新しいフォルダーに移動」を選んだ上で、フォルダー名を指定して、保存します。
_05

5.新しいフォルダーが追加されます。

_06
以上の手順で、特定条件のメールを、受信トレイと別の場所にまとめておくことができます。
これで、受信トレイの一覧が、ぐっと見やすくなると思います。

こうしたフォルダ分け機能は、ほとんどのメールサービスでサポートされているので、既にメールサービスを利用中の方は、是非設定してみましょう。

--- ads by google ---
大量のメールを、フォルダ仕訳して読みやすくしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です