--- ads by google ---

2013-09-13 15.04.40先日、iPhone4をiOS4からiOS6にアップデートするためのお手伝いを行いました。

iOS4は母艦となるパソコンなしだとOSアップデートできない上に、例えば、機種変更したiPhone5に連絡先を移したくても、そのためのアプリがiOS5以上を要求するという、単独ではどうにもならない状況に陥ります。

SOFTBANKも機種変したユーザーに対して、OS4からのアップデートくらいは無料でしてあげてもいいんじゃないかと思いますが、どうなのでしょうか。

さて、アップデート作業自体は時間はかかるものの、PCにつないで、最新のiTunesを使ってアップデートを支持して、後は放置すればいいだけなので、特に問題もなく何事もなく完了しました。
このあたりの詳しいところは、他所のサイトにいくらでも書いてあるので省略。

そこで、勉強になったのが、32GBモデルのiPhone4を使っていた方で、ストレージのほとんど、20GB以上が、自分で撮った写真と動画で占められてたコトです。
なるほど、こういう使い方をする人もフツーにいるって事ですね。

ただし、ここで問題になるのは、母艦となるパソコンがあればいいのですが、iPhone単独運用の場合、SDカードも使えないので、これをバックアップする手段が何もないということになります。
けっこう大事な写真も多数ありましたので、これはちょっと問題です。

そこで提案させていただいたのはオンラインストレージを利用すること。
DropboxやYahooボックスあたりのサービスであれば、写真を撮影したら自動的にアップロードされる仕組みなので余計な手間なくネット上(もちろん非公開の状態です)にバックアップされます。

ただし、無料で利用できるのがDropboxは2GB、Yahooボックスが5GBまでなので、先ほどの20GBを超えるような場合は、有料オプションの申し込みが必要になります。
Yahooボックスは、Yahooプレミアムに申し込んでると、50GBまで無料になるそうなので、ヤフオクとかやってる人であればYahooボックスの利用が一番オトクかもしれません。
うちでは未だにYahooBB ADSLユーザーなのでプレミアム扱いになるようで50GBまで使えました。

--- ads by google ---
iPhoneの写真をバックアップ DropboxとYahooドライブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です