--- ads by google ---

前回はPCなしのお話でしたが、今回はPCありの場合について。

PCありの場合は、iPhoneで撮影した写真をどんどんPCに転送してくれれば、オンラインストレージ上に残す必要もないので、逆に容量の少ないオンラインストレージでも問題なく使用可能です。
前回紹介したDropboxやYahooボックスでもよいですし、iCloudというアップルが提供しているサービスを利用するのも一つの選択肢です。

iCloudの利用

iCloudiCloudはもともと、iPhoneのデータをバックアップするためのサービスなので使っているヒトも多いのではないかと思いますが、注意しないといけないのは、写真と音楽はバックアップされません。
この2つは容量を食うために、5GBしかないiCloundサービスでバックアップさせるのは適当でないと判断されたのでしょう。
音楽はiTunes経由で管理するので何とでもなるのでしょうが、問題は写真で、これに対してiCloudはフォトストリームというサービスを用意しています。
これは撮影した写真をiCloud経由でPCにコピーするサービスです。

ですので、オンラインストレージ上に写真は残らないため、写真バックアップという意味ではよりシンプルなサービスと言えます。

問題は対応するデバイスがiPhone(iPad等含む)、Mac、Windowsだけになっているために、仮に将来Androidデバイスを使用するような場合は、サービスをそのまま引き継げないことになります。
つまりはアップル製品を使い続けるのが前提のサービスです。

iCloudはiPhone限定に

今現在、様々なクラウドサービスが提供されている中で、アップルのiCloudは、iPhoneユーザーにはある程度の利便性をもたらしますが、クラウドサービス単体で見ると残念ながらトップランナーの一人であるとは言えません。

メールやカレンダー、連絡先といった情報の管理であればGoogleの方がずっと先を行っています。
Googleのクラウドサービスであれば、どのモバイルデバイスでも、どのアプリからでも情報にアクセスできますが、iCloudではiPhone以外ではブラウザ経由でアクセスするよりありません。

最近、ベータサービスを初めたPages、Numbers、Keynoteのウエブアプリ化においても、確かにブラウザ経由でなら、どのデバイスからでもアクセスできますが、肝心のiPhoneからアクセスする場合は、アプリを購入しないといけません。
まもなく発売されるiPhone5s/c以降の機種ではアプリを無料にすると言っていますが、既存のiPhoneユーザーに関しては今のところアナウンスがなく先行き感が不透明です。

何より、同じサービスはMicrosoftのSkyDriveがWord、Excel、PowerPointのウェブアプリ化をスタートさせており、ビジネス用途と互換性重視であれば、こちらを利用した方がよいでしょう。
Googleでも同様のサービスがあるため、後発のiCloudはかなり厳しいと思います。

iCloudはiPhoneのバックアップ専用に

正直に言うと、アップルのiCloudはiPhoneのバックアップ用途においては、非常に高機能で先進性のあるサービスを提供していますが、その他の写真やドキュメントのコピーや共有、クラウドアプリという部分においては競合サービスに遅れをとっています。

アップルがクラウドサービスに参入したのは、そんなに遅くはなかったのですが、しかし機能の提供や、完成度、方向性に関しては、なかなか満足のいくサービスとして提供できてこなかった経緯もあって、古参のユーザーからの評価は辛口です。

当教室のオススメとしても、iPhoneのバックアップに限定した利用にとどめておきたいと思います。

追記:
ついでにWindowsにiCloudでフォトストリームを使用可能にすると表示されるアイコンですが、iOSの写真アプリのアイコンである「ひまわり」のアイコン。
DropboxやSkyDriveのアイコンと比べると、どーも見劣りしますね…どーして「ひまわり」なのか…
iCloud_PS

--- ads by google ---
iPhoneの写真をバックアップ iCloud

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です