--- ads by google ---

引き続き、Chromium OS in ThinkPad X200の使い勝手を検証中。

今日はビデオ通話を試してみました。
とりあえずgoogleのサービスの方が相性良かろうというコトでhangoutをウェブから実施します。

と言ってもX200にはWebカムが内蔵されてないので、ずーっと前に買ったっきり死蔵になってたBuffaloの2万画素のWebカムをUSBで接続。

s_2016-03-04 18.57.53

これもドライバ等の追加設定は必要なくそれだけで認識。

というか、実は途中までWebカム内蔵してないのを忘れてて、先にhangoutで接続した後にUSB経由で接続したんですが、問題なく音声のみからビデオ通話に切り替わり。

このへん、全体の構成がシンプルなぶん、しっかりと実装されてそう。

いちおう手順としてはgoogle hangoutのホームページに移動して、左側の連絡先や履歴から相手を選んで、「ビデオハングアウト」「通話」「メッセージ」のいずれかを選ぶだけ。

s_Screenshot 2016-03-04 at 19.04.03

先に「メッセージ」から連絡してから「ビデオハングアウト」や「通話」に移行することもできます。

今回は、同じ部屋に2台のPCをセットしてるので、通話先に「NowPrinting」、こちらに「飛騨土産の赤い人形」をセットしてます。

s_Screenshot 2016-03-04 at 19.06.09

動画、音声ともに通じております。

USBカメラも、マイクも正常に認識されて、問題なく使用できることを確認。

なんかビジネス利用なら、この機材でぜんぜん問題ないのが着実に証明されていきます。

ThinkPad X200の利用用途が広がるのは嬉しいです。

Chromium OS in ThinkPad X200 ビデオ通話も問題なし
--- ads by google ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です