--- ads by google ---

チョット前に、Aterm WG1400HPの2台セットを購入して、1台を親機、もう1台をコンバーターモードに設定して、自宅の1Fと2FのLANを接続させてます。

それが何故か、不意に切断されるコトがありまして。
ただし、1分しないうちに、ちゃんと再接続されますので、何か他の電波との干渉でWifiが途切れてるかな…と、様子見てました。

この夏少々頻度が上がった感じなので、ちょっと対策してみました。

2.4GHz帯ではよくあるらしい

ネットで検索してみると、どうやらこの機種にかぎらず、Atremシリーズをコンバーターモードで使用した場合、切断される症状はよくあるようで。

ただし、それは2.4GHzで接続して、一旦発生すると電源のオンオフが必要になるなど…うちとは症状が異なります。

うちは5GHzで接続中ですし、自動的に再接続します。

とりあえずW56にチャンネル変更

まずは、最初の予想どおり、何らかの電波干渉が原因による切断と考えて、親機側の設定で接続するチャンネル帯を変更してみました。

5GHzで接続する場合、チャンネル帯は3つありまして、W52、W53、W56が用意されてます。
W52は11a規格がスタートされた当初からのチャンネル帯で、通常はここがデフォルトで使用されます。
W53、W56は後から追加されたチャンネル帯で、バンド幅が広い割にけっこうガラガラな場所。

というわけで今回はW56に設定。

aterm_w56_set

W53とW56は気象レーダー電波との干渉が想定されてて、電源を入れた直後1分間、干渉の有無のチェックをします。
最初に電源オンした時に使用できるようになるまで少し待たされますが、親機は常時電源オンなので問題なし。

とりあえず再発せず

これで、ここ一週間ほど様子見てますが、今のところ問題なし。
うちの自宅かもしくは近所に、W52チャンネル帯のノイズ源になるものがあったのかも。
当面、これで運用してみます。

— ads by amazon —

--- ads by google ---
Aterm WG1400HP コンバーターモードでの切断症状

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です