--- ads by google ---

スマホカメラの追撃に、今やコンデジの行く末は風前の灯火。

1万円程度のローエンド機は、一部メーカーを除いて開発が終了し、各社とも光学系や、センサー系を強化した高級コンデジや、ミラーレス一眼にシフトしてます。

SONYのDSC-WX300も、位置づけは現行機のDSC-WX350と同じ。
高スペックではあるものの、高級コンデジほどではなく、光学系にしても、センサー系にしても従来のコンデジの最後の系譜に位置づけられるの。
様々な画像処理技術を駆使して、低コストを実現しつつ、「記録」できる画像の質を向上させているのは、ここ数日使ってみただけで、十分に実感できました。

皮肉なコトに、この機種で実現した技術が、スマホのカメラ性能の向上そのままフィードバックされているのは間違いないのですが。

とはいえ「今こそコンデジでしょう!」と自分は高らかに宣言しておきます。

なんだかんだ言っても、光学系やセンサー系を強化した高級コンデジは大きすぎます。
気軽にポケットに入れて持ち歩くにはまったく向きませんし、厚みがあるのでバッグの中の収まりも悪い。
サイズで考えれば、ミラーレス一眼も全く同じ。

気合いを入れて撮影するときには、その実力を如何なく発揮してくれますが、ここぞというタイミングでバッグの中から取り出せないなら意味が無いです。

それに、徹底的に画質に拘るなら、ほぼ同じ値段で一眼レフが入手出来ちゃうことを考えると微妙です。

やはり、数多くのシャッターチャンスを逃さず、可能な限りの「記録」を残すためにはコンデジのコンパクトさは、圧倒的なメリットです。
どんどん持ち歩いて、何でも撮影し、自分にしかできない風景を切り取ることを覚えた方がいいに決まっています。

そうしなければ、写真雑誌に載ってるような、どこかで見たことあるような、ぱっと見は綺麗な写真の中に埋もれてしまいます。

今回、手持ちのDSC-WX1のズーム不調もあって、DSC-WX300という複数枚撮影と、写真合成を武器にしたコンデジを入手したのは、とてもラッキーなコト。
Wifiで簡単にスマホにも転送できますので、SNSとの相性も悪くないです。

これからしばらくは、DSC-WX300が、どんな領域で、どれだけ活用できるかを、どんどんトライしていきたいと思います。
画質云々ではなくて「記録」することが、どれほど大切かを追求してみたいと思います。

以上

--- ads by google ---
DSC-WX300を使い倒そう!今こそコンデジ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です