--- ads by google ---

思っていた以上に面倒だったので、一通り書いておきます。
手順的にも、操作性もAndroidタブレットの方が簡単です。

iPad用アプリがない

まずもって信じられないんですが、InstagramはiPhoneアプリはあるんですが、iPad用のアプリがありません。

そのために、入力エリアの小さなiPhoneアプリで流用せざるおえないため、iPadの広々とした画面サイズが全くもって役に立たない。

Instagramサービスを提供してるFacebookは何を考えてるんでしょうかね?

まず、写真をダウンロード

基本的に、iPad自体のカメラで撮影するケースは少ないでしょうから、投稿に使う写真を他からダウンロードしてきます。

自分の場合は、スマホで撮影した写真はすべてDropboxにアップロードするようにしてるので、まずはDropboxを起動、お目当ての写真を探します。

投稿する写真が決まったらカメラロールに保存します。

本文作成

Instagramのアプリは入力エリアが狭くて、ちょっと長い文章入力するだけでストレスが溜まりますので、文書作成ができる他のアプリを使いましょう。

自分の場合はGoogle Keepがお気に入りなので、こちらで。

Google Keepは、多くのデバイスをサポートしてるので、PCで文書作成しておくのも悪くないです。
なんだかんだ言ってもPCの広い画面とキーボードは文書作成に向いてますので。

英文へ翻訳

今のところ、Instagramは英文での投稿に専念してます。
が、自分の英語力は大したコトないので、ここは翻訳アプリを使ってます。

ちょいと前まであまり役立たなかった翻訳アプリも、ビッグデータ活用が進んできたあたりから、だいぶ進歩してきたようで、日本語をなるべく平易な文面で作成しておけば、かなりいい線の英文を出してくれてる。

というわけでGoogle Keepの文章を全部選択した上で、コピーボタンをタップ。

Google翻訳アプリを起動して、入力エリアに張り付け。

すぐに翻訳されるので、下の翻訳エリアの右矢印を押して、全文を表示。

英文の中に妙なトコがあれば修正しつつ英文作成。
出来上がったら英文の右下にあるコピーボタンをタップ。

Instagram起動

ここでようやくInstagramを起動します。

後は、iPhoneでの普通の投稿と一緒。

カメラロールから投稿写真を選択。

フィルターを設定。

キャプション画面で、先ほどコピーした英文をペースト。

最後に、いろいろとハッシュタグを追加して、シェアを実行すれば投稿完了。

非常に手間がかかるiPadでのInstagram投稿

難しくはないですが、iPad用のInstagramアプリがないせいで、せっかくの広い画面も役に立たず、アプリ間連携機能が弱いために、翻訳アプリとの連携もいちいちコピー&ペーストが必要と、Android用アプリと比べて、投稿までのフローが煩雑です。

Android用Instagramアプリは、スマホとタブレットで機能の区別をしていないので、タブレットで使えば、広い画面のメリットをしっかり享受できますし、アプリ間連携がしっかりしてるので、Instagramアプリで入力した日本語をアプリの上で英文変換できます。

このへんiOS向けは大きく劣ってる。

ここはもう少し頑張って欲しいところ。

もちろん、Instagramにはいろいろポリシーがあって現状の仕様にしてるんでしょうが、Android向けアプリで出来ているコトが、iOS向けアプリで出来ないのは、筋が通らない。

iPad向けアプリの開発と、アプリ間連携機能の強化を強く望みます。

iPadでInstagramに英文投稿
--- ads by google ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です