--- ads by google ---

ここ最近のマルウェアの猛威は、ITリテラシーに乏しい一般ユーザーを直撃してます。
うちに持ち込まれるケースも激増してますし、通常は不要なプログラムをインストールさせるだけでなく、PC本来のパフォーマンスを妨げるケースがほとんどです。

昔からPCを使ってきたヒトなら、このプログラムは怪しいな…というような嗅覚があるんですが、ネット、メール、SNSを使いたいというような動機でお使いの一般ユーザーの方には、そこまでは求められません。

そこで、うちの担当者がこれは一般ユーザーには不要なプログラムではないかと判断したプログラムを、そのインストールの様子や動作を紹介していきます。
これをインストールするかどうかは各ユーザーの判断ですが、うちとしてはオススメしないプログラムですので、このような画面を見たときに自分がどうするかは御熟考ください。

今回はCarambisというサイトで配布されているツールをインストールしてみました。
まったく聞き覚えのないメーカー名ですし、jpドメインなのに、英語で作られてるあたりに不自然きわまりない。
ちなみに下にスクロールすると中国語とおぼしき表示も出てきます。

cara01

[download now]をクリックすると、IEのダウンロード表示が出てきますが、ご丁寧に<<Run>>ボタンを押せとの案内表示まで出ます。
日本語なので[実行]ボタンになるんですが、このへんも不自然。

cara02

そして、この画面がポイントです。
この「ユーザーアカウント制御」のメッセージは、これからプログラムをインストールしたり、システムの設定を変更しますよ、という意味のメッセージ。

ここで[いいえ]を押しさえすれば、PCに望まない変更を加えられることはないので、ここは[いいえ]を押すべしです。

cara03

残念ながら、[はい]を押してしまった場合には、以下のインストールが進行していきます。

cara04

cara05

ライセンス契約が白紙とかありえないですね~

cara06

ここでは、他にAskという名前のツールバーも入れらちゃいます。

cara07

cara08

cara09

残念ながら、ここまで来るとインストールが完了

cara10

IEに対しても、スタート画面と検索プロバイダが変更されてしまってます。
ここでキャンセルしても手遅れ。

cara11

IEを起動すると、大多数のユーザーが使ってるYahoo!やGoogleではなくAskとか見知らぬ画面になってるはず。

cara13

デスクトップには、先ほどインストール操作をしてしまった、Carambisの[Software Updater Pro]のショートカットが作られてます。

cara15

試しに起動すると、またも「ユーザーアカウント制御」のメッセージが表示されます。
普通に使っていて、この「ユーザーアカウント制御」が度々出てくるとか、そもそもこれが異常事態です。

cara14

こちらが起動した画面ですが、他のツールのバージョン管理をしてくれるようですが、まぁ、必要はないです。

cara12

今回インストールされてしまったのは2つの特に必要のないツールです。

Carambis Software Updater Pro
Search App by Ask

cara20

とりあえず「プログラムのアンインストールまたは変更」から削除が可能のようです。
レジストリに加わってた変更も一緒に削除される模様で、それほど悪質ではなさそう。
ただし、レジストリ全域を詳細にチェックしたわけではないので、ゴミデータが残された可能性はあります。

IEのスタートページと検索プロバイダは、元には戻らないので、手動で変更することになります。

うちとしては、Carambis Software Updater proは特にインストールする必要もなく、間違ってインストールした方々には、削除しても問題ないプログラムであると判断します。
使用をオススメいたしません。

以上。

--- ads by google ---
マルウェアに対抗しよう! 今回はCarambis

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です