--- ads by google ---

スマートフォンを使ってて不満があるのは、やはりバッテリーの持ちの悪さ。

使い方によるものの、現実的には夜の間に毎日充電するはめになるケースも珍しくはない。

ただし、それは必要以上にアプリを入れて、便利な昨日を日常的に使っているからにすぎず、AndroidやiOSの作りが悪いわけではないというのは覚えておくと良い。

手持ちのXPERIA GX(Android 4.1.2、ルート取得済み)は、もう目覚ましアプリのみを入れて目覚まし時計と朝一の予定確認に使ってますが、これだけだと凄まじくバッテリーが持ちます。

Screenshot_2016-07-01-09-47-58

バッテリー残量が1/3まで低下するのに11日。
2週間に一度の充電で運用可能です。

もちろん、SNSやメール、その他自動的に同期やチェックに行くアプリは全てアンインストールや無効化。
googleアカウントも1つだけ登録して、予定確認のためにカレンダーのみ同期させてます。

結局、スマートフォンのバッテリーが持たないのは必要以上に高機能を持たせているのが原因です。
便利な通知を出してくれるアプリ。
常に誰かとつながってるためのツール。
そのあたりのアプリを吟味してアンインストールや無効化するだけで、ずいぶんと電池の持ちは変わってきます。
バッテリーの持ちが気になる方は一度、アプリをばっさりアンインストールしてみるのをオススメします。

androidのバッテリーの持ちは悪く無い。
--- ads by google ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です