--- ads by google ---

正確には、Skylake-CPUを搭載したWindows7/8.1をインストールした場合、でサポート対象になるのは、メーカー製のOEM版のみであり、自作ユーザー向けに供給されるDSP版は含まれない…とのこと。

win8_sl_ng

ここでサポートしない…というのは、Windows Updateも配信対象外とされるとのことなので、実質、ネットワークに接続しての利用は不可…と。
Skylake-CPUを使った自作PCを組む場合は、Windows10での運用一択となります。

うちのメイン機は、5年くらい前に組んだCore i5 2405Sで、スペックよりも低消費電力に振ったCPUですが、ぜんぜん現役で使えてます。
一番負荷をかける作業は、PCで録画したMPEG2-TSのFullHD動画を、SDサイズのH264にエンコードするぐらい(モバイル端末向けに)。
30分の動画のエンコードに10分ほどかかりますが、まぁ頻度からしてぜんぜん許容範囲です。

そのメイン機も、すでにWindows10にアップグレード済みで、特に問題もなく稼働してるので、当面はこのまま運用できそうです。

考えられるのは、新しいPCを最新CPUで組むけど、手持ちのOSのライセンスの空きがWindows7/8.1しかないから、これで組んじゃおうか…的なシチュエーションの場合に該当するものかと。

Windows10への無償アップグレード期間中なら、そこからアップグレードすればちょうどよかったんですが、今は新規購入が必要ですから。

自作PCマニアの方、言われるまでもないでしょうが、ご注意を。

--- ads by google ---
Skylake自作PCでのWindows7/8.1はサポート外

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です