●手順書が無いことのデメリット

地方の企業でご相談を受ける課題の一つとして、社内の作業マニュアルが存在しないために、技術が人に依存してしまう問題から脱却できない、というものがあります。
作業の手順書が存在しない、という状況は、経営者の方が思っている以上に業務にマイナスに働いていることはが多いのです。

例えば、通信販売を請け負っている会社であるのに、伝票発行をできる人が一人しかおらず、結果的にその人が他の業務や、休暇をとっていた場合は、当日中の発送ができずに、結果的に顧客を待たせてしまい満足度を下げる結果となります。

●手順書整備によるマンパワーの効率化

伝票発行や会計入力というような定形作業や受注メールの確認というような作業は、電話の受け答えと同じように作業に関わる全員ができるようになっているべきです。
実際、作業手順をまとめた手順書を作成して共有するだけで、全員のマンパワーを効率的に活用することができるのです。

パソコン教室「ら・く・か」では、パソコン作業などのIT関係の手順書はもちろん、製造業などで必要となる手順書の作成も、現場との共同作業として進めていっています。

費用・納期等、詳しい事は、お電話またはお問い合わせページよりのご連絡をお願いいたします。