--- ads by google ---

普段あまり使っていないメールアドレスで、昨日、イベントの告知メールを送信しようとしたところエラーになりました。
メーラーに表示されたエラーメッセージは、

550 5.7.1 Command rejected, You have reached a limit for sending mail.

というもの。

そんな大量のメールの送信はしてないけど…何が原因だろうと、エラーメッセージで検索かけてみると、どうやらレンタルサーバーにインストールしてあるWordpressに不正なファイルが仕掛けられて、そこからリモートでスパムメール配信の踏み台にされていた様子。

設定等いろいろ気を付けてはいたつもりですが、実際のとこ、Wordpressに含まれる各種の脆弱性すべてに対応できないのは現実なので、とにかくトラブルリカバリーを進めることにします。

レンタルサーバーで金銭や売買を扱う訳ではないので、データ取り扱いにリスクはありませんが、メールが送れないのは困りますし、それこそスパムの踏み台を放置してていいこともないですので。

基本的な対応手順は以下の通り。
参考にしたサイトと同じです。

・パスワードの変更
・サーバーコントロールパネルにログインして「メール送信グラフ」画面で状況確認
・「アクセスログの設定」画面でアクセスログを残すように設定
・アクセスログから不審なファイルアクセスを特定
・不審なファイルの削除

とまぁ、こんな流れでした。

パスワードの変更

まずは、メールのパスワード、FTP/コントロールパネルのパスワードを変更します。
せっかく復旧しても、また同じ権限で不正アクセスされたら、やりなおしになるので。

メール送信数を確認

まず、サーバーコントロールパネルにログインして「メール送信グラフ」画面で状況確認します。

メールの送信数が6/22から10,000~18,000通と異常な数になってます。
スパム送信の踏み台になってるのは間違いなさそう。

さくらインターネットのスタンダードプランだとメールの送信上限数が15分ごとに250通までとなってるので、それに合わせて最大限のスパムメール送信が行われてる様子。

なんとかしないと…ですね。

アクセスログを取得

ここで不審なファイルを探すために、アクセスログの取得を行います。
といっても、これはリアルタイムでいつでも取得できるわけじゃなっくて、サーバー上にアクセスログを保存する設定をした上で、深夜12時に、1日分のアクセスログファイルを配信してもらえる…という仕組み。

幸い、この作業をしてるのは午後11時すぎだったので、「アクセスログの設定」を指定して小休止。
ログが配信されるのを待ちます。

ちなみに、このアクセスログファイルもサーバーの容量制限にカウントされるので、容量が心もとない方は、確認の終わったログはサーバー上から削除したほうがいいですし、日常的に見るのでなければ、ログは残さない設定でも問題はない…はず。

12時が過ぎてアクセルログを確認に行きます。

FTPクライアントでログインして…/home/アカウント名/log/の下にある
access_log_20170625
をダウンロードして内容の確認に取り掛かります。

不審なファイルアクセスを特定

アクセスログの取得設定をしたのは午後11時すぎですが、ちゃんと1日分のログが配信されてます。
サーバー本体は当然ながらすべてのアクセスログが取得されていて、その中で希望するユーザーのフォルダにコピーしてるだけでしょうから。

あとは丹念にログを確認していきます。

膨大な量のログなので、ちょいちょい…って訳にはいきませんが、じっくり見ていくと、妙な点が見つかってくる。
最初に疑うべきはphpファイルへの直接アクセス。

WordPressを構成するphp言語に関しては専門的にやったことはないですが、アクセルログを見る限りでは、外部から奥深いフォルダにあるphpファイルに直接アクセスするっていうのがいくつか見つかって、これは不審。

そもそも、画像のアーカイブフォルダや、jsのフォルダの中に唐突に存在するphpファイルがいくつかあって、他所のWordpress環境と比較しながら、本来存在しないはずのファイルもいつくか。

そんなのを一つ一つ丹念に探しながら、削除していきます。

結果的に、

/wp-includes/js/tinymce/utils/フォルダにあったwrycipjs.php

というファイルが今回スパムメールを大量送信していた元凶のようでした。

中身がなんだか分かりませんが、これを復号化して、スパムメールの処理を行ってたんでしょう。

他にも、同様なファイルや、そこに存在しないはずのファイルなどいつくかありましたので、まとめて削除。

送信状況を確認

最初に確認した「メールの送信グラフ」画面には、送信数の他に、直近300件分の送信先と送信時間をリストアップする機能があるので、ここで送信がやんだかどうかの確認が出来ます。

ここで、不審なファイルを削除して15分以上経過しても、新たなスパム送信が発生しなければビンゴ!というわけです。

とうわけで、アクセスログを確認しつつ、不審なファイルを削除しながら、こちらの画面で新たなスパム送信をチェックしつつ、だいたい1時間くらいで、ようやく状況を脱出できました。

疲労困憊。

さくらインターネットへの連絡

いちおう、さくらインターネットへも問合せフォームから、状況の発生と、解決した経緯は連絡してあります。
今のところ返信はありませんが、たぶん他所でも同じような現象が、年中、多発してるんじゃなかろうかと。

何かレスポンスがあれば追記します。

対策ほか

まぁ、これから考えますが、基本的な対策はそれなりに実施してたはずなので、改めて…というほどとれる対策があるわけでなし。

そもそも、サーバー側の脆弱性や、同じレンタルサーバーを共有してる別のアカウントがクラックされたりした場合は、こっちで打てる対策というのが殆ど無い。

他所で盛んにビジネスしてるクラウドとは予算の桁が2つか3つぐらい少ないわけで、この状況の中で万全とはいかないのが現実です。
大手企業だって、ちょくちょく不正アクセスで被害受けてるわけですし。

WordPress本体やプラグイン、テーマのアップデートを追いかける頻度を上げていくぐらいですかね。
最近は、未知の脆弱性が頻繁に表れてるので、これもなかなか効果的とは言い難いですが、できる範囲の中ではやってきましょう。

いずれ、今回の一件で、同様なトラブルのリカバリーは素早く(といってもアクセスログが必要なので、深夜作業になるのは確定ですが…)対応できる目途は立ちましたし。

幸いにも依頼を受けて管理してるサイトじゃなくて、自分で自由に使ってるサイトでのトラブルで済んだので、これで良しとしておきます。

さくらインターネットのメール送信トラブル
--- ads by google ---

2 thoughts on “さくらインターネットのメール送信トラブル

  • 2017年6月27日 at 4:41 PM
    Permalink

    初めまして。

    私も今2017/06/27午後4:39時点でメールの送信が出来ないトラブルにはまっています。
    一体なんなんでしょうね?

    Reply
    • 2017年6月28日 at 8:32 PM
      Permalink

      ちゃかさん
      コメントありがとうございます。

      トラブルの原因は様々なので一概には言えませんが、記事中の方法でコントロールパネルから状況を確認して対処するしかないようです。
      サーバー(Appache、MySql、PHP)やWordPress、プラグイン、テーマ等の脆弱性、パーミッション設定ミス等を元に不正なファイルを仕掛けられる可能性は今後どんどん高くなっていきますので、ある程度自力で対処できないとWordPressや独自ドメインを自力で運営するのはちょっと大変ですね。

      先ほど、サポートからの回答もありまして、追加の対処や今後の対応などなど検討中です。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です