松橋 和久

パソコン教室「ら・く・か」の代表を務める、元システムエンジニアのITインストラクター。
20代後半から30代半ばにかけて、コンピューターを用いたシステム開発全般に関わり、南は九州熊本、北は秋田・仙台と全国の現場でシステム・プログラムを行なってきた筋金入りのIT通。

日常生活の中でもITをフル活用しており、実体験に基づいたきめ細かなインストラクター業務に定評がある。

秋田に戻ってからは、IT普及の遅れている秋田での地域貢献を念頭に、さまざまな場面でITを活用することで、教室運営のみにとどまらず、企業の業務効率化や、地域活動を支える動きのサポート等に務める。

衰退が続くふるさと男鹿にあって、小さな経済活動を多くの人に広げていくことで、次の世代の皆んなが、稼ぎ、暮らしていける地域再構成を願いながら日夜奮闘しています。

個人ブログ「銀チャのブログ」も絶賛更新中。