--- ads by google ---

ずーっと使ってきたSONYの裏面照射CMOS搭載の初代機DSC-WX1が、ズームの調子がおかしくなってきて、どうも接点周りか、モーターのサーボがあやしくなってきましたので、後釜としてDSC-WX300を中古で調達しました。

2014-10-06 21.13.44

既にカタログ落ちした機種ですが、自分の用途としてはもう十分すぎるだけの性能と機能があるのはチェックずみですので、さっそく使い倒していく予定。

コンデジで撮って、スマホでアップ

まずは、定番であるコンデジで撮影した写真を、スマホに転送する手順から検証してみました。

出先でDSC-WX300で撮影した画像を、その場でスマホに転送できます。
転送した画像は、すぐにSNSなりblogにアップできますので、スマホの写真画質には満足できなかった、もしくはスマホのカメラでは撮影しきれない被写体や、状況の場合にはフルに活躍してくれるはずです。

転送手順を確認

まずは再生ボタンを押して、撮影した画像を表示。

2014-10-06 21.15.12

メニューボタンを押して、Wifiから「カメラから選ぶ」を選択。

2014-10-06 21.36.38

複数の画像を選ぶ場合は、「画像選択」を選択。

2014-10-06 21.15.42

一枚表示だと、選ぶのが面倒なのでズームのWide側ボタンを押して、一覧表示に切り替えます。

2014-10-06 21.16.07

オレンジ色のレ点が付いてるのが選択中の画像。

2014-10-06 21.16.33

選択し終わったらメニューボタンを押します。
確認が来るのでOKを選択。

2014-10-06 21.16.46

しばらく待ち画面が表示された後に、Wifiの接続情報が表示されます。
ここまでで、カメラ側の操作は終了です。

2014-10-06 21.17.01

続いてスマホを取り出しまして、まずは先ほどのWifi接続情報に従って、カメラのWifiアクセスポイントに接続します。

2014-10-06 21.17.43

PlayMemories Mobileアプリを起動します。
アプリをインストールしてないヒトはGooglePlayから入手しておきます。
無料アプリです。
起動して、カメラの転送準備が出来てるコトを確認すると、すぐに転送が始まるようです。

2014-10-06 21.17.59

2014-10-06 21.18.05

数枚程度ならあっという間に転送が完了します。
というのも、スマホに転送される画像は2Mバイト程度に縮小した画像が転送される設定になっているため。
SNSやblogで使う場合、このサイズの方が扱いやすいです。

2014-10-06 21.18.14

アルバムアプリを起動して、転送した画像が表示されてるかどうか確認します。
これでSNSでもblogでも自由に使えます。

2014-10-06 21.19.11

まとめ

予想していた以上に、DSC-WX300からスマホにWifi転送する手順は簡単です。
画像サイズを小さくして転送することもあって、転送速度も速いですし、コンデジ撮影→スマホ転送→SNSにアップという流れも捗りそうな感じ。

正直、コンデジやミラーレス一眼で、いい写真を撮影しても、SNSにアップするために同じアングルでスマホで撮り直すというのは、けっこうやるわけですが、この2度手間からは解放されそうです。

スマホのカメラ性能は向上してるとはいえ、光学ズームは固定ですし、手ぶれ制御もコンデジほどではないです。
写真を撮るという単機能で比べれば、まだまだコンデジの方に分があります。

スマホから、写真撮影部分をアウトソースできるのなら、DSC-WX300のWifi連携も悪くない選択肢です。

以上。

--- ads by google ---
DSC-WX300で、コンデジからスマホにWifi転送する手順

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です