--- ads by google ---

Twitterは、Twitter公式HP以外にも様々なクライアントからアクセスすることができます。
それぞれ特徴があって便利なんですが、中でも複数のTLをひとつの画面で表示できるマルチリスト型は一覧性もよく、見逃しも少なくてオススメです。

ところがTwitter社は、こうした便利なクライアントも一定のユーザー数に達すると、そのクライアントからのそれ以上の追加ユーザーの接続を認めない方針をとっており、結果的にどんなに優秀なクライアントも、やがてフェードアウトせざるを得ない状況です。

TweetDeckを使おう

というわけで、通常はTwitter公式HPからアクセスするか、Twitter社が提供するマルチリスト型のWebアプリであるTweetDeckの使用が推奨されています。
このTweetDeckは、もともとTwitter初期の頃からあるクライアントで非常に優秀だったんですが、Twitter社に買収されてからダメダメになりまして…最近はようやく実用に耐えうるところまで開発が進んできました。
今ならば、過不足なく使えます。

td02

マウスでは使いにくいので、カーソルキーを活用しよう

さて、このTweetDeckなんですが、操作性が今ひとつ。
というのも、たくさんのTwを上下にスクロールさせながら見るためには、スクロールホイールを駆使したいところですが、この対応が非常に中途半端。
使えるタイミングと、使えないタイミングがあって、またどのリストをスクロールさせるのかの区別が非常につきづらいですし、切り替えもしずらい。

そこで、TweetDeckはカーソルキーで使うことにしましょう!

カーソルの上下キーで、リストを上下にスクロールさせることができます。
カーソルの左右キーで、隣のリストに移動して、上下にスクロールするリストを切り替えることができます。
スクロール対象の基点になっているツイートは、背景色が黒から、グレーになるので視認性もよし。

これで非常に簡単に、かつ効率的に、ツイートをマルチリストで確認できますのでオススメです。

なお、TweetDeckはChromeアプリとしても提供されてますので、Chromeをメインで使っている方は、こちらからでも。
中身はほぼ一緒のようですし。

8/1 追記:
改めてチェックするとIE、Chrome、Firefoxでは、マウスカーソルのあるリストをスクロールホイールで上下にスクロールできるコトを確認しました。
というわけで、カーソルキーでもスクロールホイールでも、お好きな方でお使いくださいませ。

以上

--- ads by google ---
TweetDeckはカーソルキーで使え!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です