--- ads by google ---

DocomoがFOMAケータイの生産を終了するとこのコト。

自分はFOMAケータイと、スマホの2台持ちで運営してます。

なんだかんだいっても、ケータイはいつでも通話ができるコトが最重要。
SNSやゲームで遊んでて電池切れたら、その役目が果たせませんから。

あと、自営で仕事してる関係で、仕事電話とプライベート電話の番号分けてます。
なので、1つのケータイに、電話番号を2つセットできる機能(2in1)は大変重要な機能でして、この機能はスマホや、最近出始めたLTEケータイには無いんですね。

というわけで、手持ちのFOMAケータイは使い始めて5年。
寿命を迎える前に、もう1台FOMAケータイを確保することにしました。

とはいえ、最近はFOMAケータイの販売はぜんぜん力が入って無くて、当たり前に機種変すると実質負担額が3万円超えてしまう。

というわけで、ちょっと探して見たところ、ネットの中古ショップ(イオシス)で、いいのを発見。

DOCOMO P-01G

2016-11-11-09-11-20

それも、ほとんど使用感の無いコンディション[A]の優良品が、ほぼ1万円にて。

実際、届いた製品には、ほとんど傷もなく、製品に最初から貼ってある保護シールの類もそのまま。
何らかの理由で、使われないまま放置されてた新古品の模様。

これなら、フルに4,5年は持ってくれそう。

ただし、SIMカードが、標準サイズからミニサイズに変わるので、DOCOMOショップでその変更をお願いするのに2,160円ほど必要。

データの移行もやってくれるので、まぁこのぐらいの手数料は仕方なし。

あと、念のためバッテリーも買っておこうかと。

FOMAケータイのバッテリーって、自分で交換できますし1,600円程度なんで、長く使うのなら予備を確保しといた方が良さそう。

これといって特筆するような機能は全くないんですが、現状の便利さを維持するための費用としては妥当な買い物でした。

2016-11-11-09-11-35

スマホとケータイは分けて使うほうが良い…というのが持論です。

— ads by amazon —

--- ads by google ---
生産終了に合わせてFOMAケータイを新調

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です