--- ads by google ---

ここのところXPERIA Z4のナビアプリが不調。
GoogleMapも、Yahoo地図も、Android Autoもどれも現在位置が大雑把、かつ更新間隔が長くロードナビとしては使い物にならない状態。

いろいと試してみると、どうもGPS位置情報をネットから取得するのに失敗している模様。

A-GPSの仕組み

GPSは複数の衛星からの電波を受信して現在位置を特定する。
ただし、衛星からの電波を受信するのはけっこう難しくて、GPS端末単独でやると、かなり時間がかかる。

それを補助するのがA-GPSっていう技術でassisted-GPSと呼ばれる(DocomoのオートGPSとは関係あるけどそのものを指すわけではない)

ネットワーク上のサーバーから、GPS衛星の位置情報を取得して、その情報を元に、素早くGPS端末の現在地を特定する仕組み。

普通にDocomo等の大手キャリアで端末を購入&通信契約を結んでれば問題はないらしい。

困るのは、Docomoの通信契約を解約して、MVNO(いわゆる格安SIM)で運用してる場合。

どーも、GPS衛星の位置情報を配信してるサーバーが、Docomo契約が無い場合はアクセスできない場合があったりするらしく。
もちろん、その情報がないとGPS端末の現在位置確認に大きく影響する。

対応策1

端末の再起動。

何かの理由があって、その時だけGPS衛星の位置情報サーバーにアクセスできなくなる場合があって、その程度の場合は再起動だけでGPSの不具合は解決します。

対応策2

DocomoのオートGPSをオンにする。

これ、ほんとはDocomoの位置情報サービスと連携する機能らしいので、本来は直接関係ないはず。
ただ、これをオンにすることで、GPS位置情報の取得がスムーズになる場合があるらしく、GPSの不具合が解決する場合がある。

設定自体は簡単なので、GPS不具合があった場合はダメ元で試してみましょう。

対応策3

「GPS Status & Toolbox」アプリを利用する。

こちらのアプリは、Docomo以外のGPS位置情報サーバーを利用できるらしく、GPS衛星の位置取得、現在地の特定ができるようです。

他にも、通常の設定画面では確認できない、GPSやセンサー関係の情報を表示してくれるので、けっこう便利。
もし、これで解決しなくても、状況把握には便利なんでインストールしておきましょう。

アプリを起動したら、画面の左端からメニューをスワイプ。

2016-11-21-07-37-05

「A-GPSの管理」をタップ。

2016-11-21-07-37-10

「ダウンロード」をタップすると、GPS衛星の位置情報のダウンロードを始めます。

初めはレーダーチャートには衛星情報は何もなく寂しい感じですが…

2016-11-21-07-43-06

GPS衛星の位置情報を取得できると、こんな感じ。

2016-11-21-07-50-54

ここまで表示されるのに、4~5分くらいかかった。

この状態でGPSナビアプリ等を動かして確認してみましょう。

実際に屋外で使った画面がこれ。

2016-11-21-05-55-11

経度、緯度、高度など、GPS関係の情報が取得されてます。
この状態なら、ナビアプリもロガーアプリもちゃんと動くはず。

--- ads by google ---
XPERIA Z4 のGPS不具合と解決策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です