--- ads by google ---
--- end of ads ---

GIMPユーザーは、IrfanViewで画像管理をしよう

フリーのフォトレタッチソフトであるGIMPは、凄く便利で高機能なソフトなんですが、一番困るのは、独自保存フォーマットのXCF形式に対応した画像閲覧ソフトが、ほとんど無いこと。

XnViewであれば、かろうじて表示されますが、レイアウトが崩れたり、レイヤーマスクが無視されたりと、正確な表示にはなりません。
これは大量の画像ファイルを扱う場合に、作業性に大きく影響します。

IrfanViewをXCF形式に対応させる

どうやらIrfanViewなら対応しているようなので、試してみました。

まずは普通にホームページからインストーラーをダウンロードして、XCF形式のファイルを開いてみましたが、エラーで表示されません。

xcferr1

エラーメッセージの中に「ホームページからプラグインを入手しなさい」とあるので、指示に従います。

ホームページに行ってみると、プラグインファイルのセットがあるのでzip形式の方をダウンロードしてきました。
その中からエラーメッセージにあった「ImXCF.dll」をIrfanViewのプラグインフォルダー(通常はC:\Program Files (x86)\IrfanView\Plugins)にコピーしてIrfanViewを再起動します。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

これで…おぉ!
GIMPで作ったファイルがIrfanViewで表示されています。

xcferr3

サムネイル表示用のIrfanView Thumbnailsから起動しても、きちんとサムネイル表示されています。

xcferr4

これなら、GIMPメインで使っても、画像関係の作業で目的のファイルを探すのに最小限の手間ですみます。
GIMPユーザーの皆様、ぜひお試しを。

以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


--- ads by google ---
--- end of ads ---