--- ads by google ---
--- end of ads ---

DTIから、IIJmioのSIMに変更を計画中です

一年間利用してきたDTIのMVNO SIMを今月末で解約することにしました。
というか、もう解約手続きも終わりまして、解約日が今月末日となりました。

スマホだけで利用するにあたっては、最大250kbpsでもほとんど不便を感じないんですが、テザリングでPCを利用しようとした場合、やはり速度が足りませんでした。
外でもテザリングで使える…と思いました手持ちのVAIO PRO 13を一緒に持ち運ぶ機会を増やしたんですが、そーすると徐々にパフォーマンス不足を実感するコトになりました。

あと、DTIのIP電話サービス「ServersMan 050」も、調子の良いときはほぼ遅延を感じることのないレベルまで調整されてますが、やはりネットの状況のバラツキで遅延を感じることも多々。
そのへんが一定しない感じなので、使いづらさを感じていたのも事実。

というわけで、このあたりを解消するべく、MVNOサービスの乗り換えすることに決めました。

条件1:2GB以上の高速通信

テザリング時のパフォーマンスを改善するために、高速通信が2GB以上のサービスを第1条件にしました。
といっても、今は競争が激化してまして、どのMVNOでもクリアする条件です。

ちょうど、b-mobileが制限なしの高速定額サービスをリリースしまして、ひょっとしてADSLの代替にになるかと期待して調べてみましたが、やはり連続通信が続くと規制されるコトがあるようなので、コスパも考えると今回は見送り。

条件2:音声通話対応

IP電話もケースを絞って利用するのであれば、使える用途はけっこうあります。
自分の場合もイベントの受付オンリーならIP電話のままでも良かったですが、イベント中の連絡等などにも使ってしまうと、やはり遅延の不安定さを感じるケースが多々ありました。

音声通話オプションも、各社700円プラスぐらいで対応していて、IP電話の利用料が300円プラスぐらいなのを考えると、音声通話オプションで運営した方がいいとの判断。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

ということで、どのMVNOサービスでも十分選択肢になる…という、ここまではあまり役に立たない検討内容でしたね。

会社の信用度で選びました

というわけで、最終的には、どの会社が信用できるか…に尽きます。
これは、あくまで自分個人の意見ですが3社あります。

DTI
IIJ
b-mobile

やっぱり、この3社ですね。

DTIはサービス内容への不満から今回解約。
b-mobileは高速定額がオーバースペックで今回は見送り

ということで選択したのがIIJmioのみおふぉんサービスです。
IIJmioであれば、高速通信のオン/オフを制御するスマホアプリも用意されてますし、けっこう便利に使えそうです。
というわけで、これからサービス契約を行いますので、詳細はまた後日に。

— ads by amazon —

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


--- ads by google ---
--- end of ads ---