--- ads by google ---
--- end of ads ---

Thunderbirdのメールを、そっくりそのまま別PCに移したり、バックアップしたりという場合は、プロフィールのフォルダそのものをコピーすればよい。

あちこちに記事があるので詳細割愛。

ただし、個別のメールを移動させたり、バックアップしたり、複数アカウントを統合させたり…という場合は、その方法は使えない。

なぜか、Thunderbirdにはインポートがあるのに、エクスポートのメニューが無いもので。

個別メールをemlファイルとして保存する

こうゆう場合は、移動させたいメールをまとめて選択した後に、右クリックメニューから「メッセージを保存」を選択。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

保存先フォルダを選べば、拡張子emlのメールファイルがメール1件につき1ファイルとして保存されます。

後は、このemlファイルを移動先のPCにコピーして、起動中のThunderbirdにドラッグしてあげれば、それで取り込まれます。

新しいフォルダを作って、そこにまとめて移動させとくのもいいかも。
うちは、最近レンタルサーバーを移転させたので、前のサーバーで受け取たメールは「旧サーバー」というフォルダに保存しておいてます。

バックアップにも都合が良い

emlはテキストファイルで、メールの件名、内容、プロパティが、テキストエディタ等でそのまま読める形式なので、バックアップ用途なら、このまま保存しておくのにも向いてますし、grep検索等で後から古いメールの確認をするのも容易。

何かの理由で、メールを扱うPCを変更したり、メールをコピーしたりする必要がある場合はお役立てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


--- ads by google ---
--- end of ads ---