--- ads by google ---
--- end of ads ---

机上の実論:WQHD用のグラフィックカード

27インチWQHDモニタの導入をすすめるにあたって問題が一つ。

該当する自作PCはTrinityコアのA8-5500にA75チップセット。
映像出力はDVI-D端子はWQHDに対応するもののHDMI端子はFHD止まり。

ざっくり27インチWQHDモニタのカタログを眺めるに、あまりDVI-Dに対応したWQHDモニタがないので、WQHDのモニタを接続するにはグラフィックカードの追加が必要なことが判明。

1万円以下のローエンドカードだと高解像度には対応せずFHD止まりなので、GeForceならGTX1050以上、RADEONならRX560以上が必要。

目的が3Dゲームじゃないので、グラフィック性能自体は重視する必要はないので、省電力であったり、補助電源は不要であったり…といった場合、それこそ最低ラインのGTX1050かRX560の2択という感じです。
もちろん搭載するRAMも2Gで十分。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

該当する製品を調べてみるとASUS製のGTX1050(PH-GTX1050-2G)がファンのベアリングの長寿命をうたっていたり、耐久性の良さを押していて、それでいて1.5万ほど。

さらに検索してみるとローエンドで数が出てるせいか中古価格も下がり気味で送料込み1万円ほどで入手可能。
せっかくの高耐久性をうたってるわけですので、今回は中古品を発注しました。

到着は来週の予定みたいなので、それまでしばし待ちです。
詳細はまた来週に。

— ads by amazon —

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


--- ads by google ---
--- end of ads ---