--- ads by google ---
--- end of ads ---

…という訳ではないです。

スポーツ新聞みたいな見出しで申し訳ないです。

Windows7まではシステム設定を行う場合は「コントロールパネル」を開いて実行するのが通常でしたが、Windows8、Windows10と、徐々に「設定」画面から実行するように変わってきました。

WindowsUpdateのように「設定」画面に完全移行したものもあれば、ネットワーク設定など細かいところの設定を「コントロールパネル」で行うケースも多くて、慣れた人であればあるほど「コントロールパネル」の使用頻度は高い。

今までのバージョン(1607)では、スタートボタン上で右クリックするとそこにコントロールパネルへのショートカットメニューが表示されてたんですが、今回のバージョン(1704)では、ついにそれが無くなりました。

右クリックでは、もうコントロールパネルが開けない。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

とはいえコントロールパネルが無くなったわけではないので、スタートメニュー→Windows システムツール→コントロールパネルと辿っていけば、ちゃんと存在するし、Cortanaから検索してもちゃんと見つかる。

使用頻度の高い人は、検索して出てきたアイコンを右クリックして、スタートメニューなりに登録しておいた方がいいです。

依然として「設定」画面では設定できない内容は「コントロールパネル」を開いて設定することには変わりはないですので。

というかWindows8以降、このへんがさっぱり進まないことを見ると、ユーザーにあまり触ってほしくない機能は「コントロールパネル」に残して、単純にオン、オフできるような機能のみを「設定」画面で提供していく…っていう計画なのかもしれない。

ちなみに、コマンドプロンプトも同じような理由でショートカットから消されたようですが、まだ存在しますので同様に対処しましょう。

— ads by amazon —

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


--- ads by google ---
--- end of ads ---