--- ads by google ---
--- end of ads ---

iPad用メールアプリのmailboxを試してみる

メールアプリチェックの3回目。
今回はmailboxです。

これもPOP3未対応

いきなりですが、これも自分の目的にはかなわないPOP3未対応で、GmailとiCloundのみの対応です。
Gmailは非常に優れたメールサービスなのは確かですが、迷惑メールフィルタをオフに出来ないなど、人によっては非常に使いづらいのも確かですし、Googleのポリシー次第に、メールの内容をどう処理されるか分からないことを考えると、ほぼGmailのみという対応は、あまり好ましいとは思えません。

タスク管理がわりに使えるユニークな機能

ただし、メールの管理機能自体は非常に面白い構成になっていて、受信したメールボックスをなるべく空にすることを目指した、いわゆるToDoリストのような使い方が推奨されているようです。

2014-08-27 18 25 48

直ぐに処理できないタスクにまつわるメールに関しては、一度受信箱から消してしまい、指定した時間にもう一度表れるという芸の細かいことを実現しています。

2014-08-27 18 25 53


--- ads by google ---
--- end of ads ---

ただ、こうした管理をするにあたって、全てのタスクがメールをトリガーにして発生するような業務であれば便利でしょうが、実際は、会議なり、電話なり、直接の指示・要望がトリガーになることもあるでしょうし、包括的な使い方をするのは無理があるような気がします。
うまく活用するには工夫が必要です。

mailbox_gmail_L

この機能は、Gmailの中にmailboxアプリ専用のラベルを作って受信箱から移動させるわけですが、結果的にGmailをWebなり、他のメールアプリから使った場合にあまり綺麗な使い方には見えません。
ラベルも固定(Later、見る、購入、読む)で画一的に決められてしまうので、一部のレビューサイトで絶賛されているほど、使いやすいという印象はありませんでした。

まとめ

Gmailしか使わず、かつメールをトリガーとしとタスク管理することにメリットがある人には向いたメールアプリです。
ただし、ほとんどの人には、もっと使いやすいタスク管理アプリや、ToDoアプリがありますので、どれほどの人に向くかは微妙です。

以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


--- ads by google ---
--- end of ads ---