--- ads by google ---
--- end of ads ---

ここのところubuntuやandroid-x86のインストールイメージを展開したり、インストールを実行したりと、USBメモリを活用してましたが、ここで問題発生。

使い終わったUSBメモリのいくつかがFAT32等のWindows向けのフォーマットが出来なくなってます。
全部…じゃないんですが、4本ぐらい使ってたうちの2本がダメ。

あんまりWindows以外で使用する前提で設計されてないんですかね?

もちろんEXT4などのlinux向けのファイルシステムはWindowsからはどうにもならないので、パーティション管理ソフトを使ってみてもWindowsからは認識できず。

GpartedでFAT32フォーマットを実行しても、結局Windowsでは認識できず普通に利用するのは無理そう。

いろいろ試してみても、Windowsのフォーマット画面では容量が把握できないらしくフォーマット自体がスタートできないので…うーん、原因不明。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

EXT4フォーマットなら使える

ただし、Windowsからは認識できなくても、ubuntuやAndroid-x86からはちゃんと認識できますし、EXT4フォーマットであれば利用可能。
isoファイルからのディスクイメージ展開もubuntuからなら普通にできますし、環境構築に使うには問題なさそうだし、そうすることにします。

実際、今後もそういう作業をすることは多々ありそうですから。

というか、また別のUSBメモリを使って、またWindowsで使えなくなるのは、それはそれで勿体ない。

役割分担です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


--- ads by google ---
--- end of ads ---