時間:2時間
料金:無料

オリジナル教科書を開発

たいていの場合、市販の教科書は、つめこみ記述されており、また専門用語を説明なく使用するため、本当の初心者の方にはかなり難解な書物になります。
パソコン教室「ら・く・か」では、特別に初心者向けに編集した、オリジナル教科書をご用意しています。
市販の教科書では、十分理解できなかった…という皆さん、注目です。


まずは文書入力から

パソコンを使う上で最初の難関はキーボードからの入力です。
そこでパソコン教室「ら・く・か」では、このキーボードを一番簡単にマスターする方法を伝授しております。

キーボードから日本語を入力する方法は、キーボードに印刷してある「ひらがな」を利用する方法と、「アルファベット(ローマ字)」入力を行う方法と二つあります。

オススメは「ローマ字」入力です。

理由はシンプル。覚えるキーの個数です。

「ひらがな」→45個 「アルファベット(ローマ字)」→26個

加えて、「ひらがな」で覚えてしまうと、その後、インターネットの利用などをする場合には、間違いなく「アルファベット」を使用しますので、結果的に「ひらがな」と「アルファベット」の両方が必要になり、総計71個の場所を覚える必要があります。

でも、「アルファベット」はローマ字を覚える必要あるんでしょ?
と思われるあなた。
はい、そのとおりです。

ローマ字は母音、子音が規則正しく並んでいますので、実は覚えるのにそんなに苦労しないのですね。
また、たいていの方が学校に居た頃に一度はローマ字の一覧触れていることもあり、みなさん「覚える」というよりは「思い出す」という感覚のようです。

最後にとっても重要な情報

現在までパソコン教室「ら・く・か」の有料コースまで通われた方で、文字入力ができないことを理由に、パソコンをあきらめた方は…

いらっしゃいません。