--- ads by google ---

品揃えが豊富で、対応も迅速、しかも安いということで人気のインターネット通販であるAmazon。
配送料も無料である、などメリットが多いのですが、よくよく見ると、同じ製品に複数の価格が設定されている場合があります。
さらに配送料がかかったり、かからなかったりという細かい違いがあるケースも。

今回は、地震もAmazonのヘビーユーザーのパソコン教室「ら・く・か」担当者から、初心者の方々向けにその価格付けの違いをまとめておきます。

ポイントは2つなので、よく画面の表示を確認して購入しましょう。
・新品か中古か
・配送料の有無

1.Amazonが販売・配送を担当(配送料無料)

Amazon_Amazon
Amazon通販の中で、最も割合の多い商品です。
価格の横に「通常配送料無料」と明記されています。
多くの場合は、一般の量販店よりも価格が安く、配送料も無料です。
新品を買う場合は、ぜひとも利用したい価格付けです。

2.Amazon以外が販売、Amazonが配送を担当(配送料無料)

hoka_amazon
Amazonでは品揃えを豊富するために、Amazon以外の販売店の商品の販売もおこなっています。
こちらも価格の横に「通常配送料無料」と明記されています。
販売店は異なりますが、1.のAmazonが販売する場合とほぼ同じ感覚で利用できます。

3.販売・配送ともAmazon以外が担当(配送料あり)

hoka_hoka
ここからは注意が必要です。
販売・配送ともにAmazon以外の販売店が担当しますので配送料がかかります。
したがって、この商品が安いと思って購入申込みをしても、配送料を含めるとあまりお得にならない場合がありますので、よく注意して購入する必要があります。

4.中古商品(配送料あり)

tyuuko
Amazonでは中古製品も取り扱っています。
中古品の購入は、通信販売では程度の確認ができないため、あまりオススメはできませんが、絶版になってしまい、もう入手できない書籍などは、この方法で購入できるのはありがたいです。
販売・配送は3.と同様にAmazon以外の販売店が行います。
「出品者からお求めいただけます」と表示されます。
商品自体の価格は、入手性、希少性に応じて定価よりも安かったり、高かったりしますし、配送料もかかります。
必ずしもお得に入手できるとは限りませんが、どうしても入手したい本がある場合は役立つ購入法です。

5.kindle価格(配送料なし)
kindle
こちらは昨年よりスタートした電子書籍の価格付けです。
「紙の本の価格」の下に「Kindle価格」と表示されています。
電子書籍ですので、当然配送料もかかりませんし、多くの場合は紙の本よりも価格は割安です。
現在のところ、まだまだ品揃えが十分とはいえませんが、今度、普及が加速していくはずです。
長期的に保存しておきたい本や、写真集のような質感がかかわるような本は向きませんが、漫画・小説・雑誌などの長期間の保存を必要としない場合は、こちらの方がお得な場合が多いです。

整理してしまえば何という事はないので、画面表示をきちんと確認して間違いのないように利用しましょう。

--- ads by google ---
Amazonで見かける5つの価格設定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です