--- ads by google ---

「ワード、エクセルが出来るコト」

wordexcel
求人票の欄でよく見る一文です。
男鹿の広報誌に載ってくる求人情報なんかにも、よく見ます。

じゃあ、それってどれだけできればいいの?っていう単純な疑問も生まれます。

正直、ワードとエクセルの機能を半分使いこなすだけでも、かなりのスキルです。
求人を載せている側にとっても、そこまでのスキルを要求しているのではないと思います。
というか、そこまで出来る人が欲しいわけではないし、妙にパソコンのスキルが高い人がきても困るし、そこには若干のミスマッチがあるのかもしれないですね。

このあたりのミスマッチをうまく解消できる手段…何か提供できないですかと、ちょっと最近考えてます。

ちなみにパソコン教室「ら・く・か」で考える「ワード、エクセルが出来るコト」はこんな感じでしょうか。

・まず「文字の入力」スキルは必要です。
(ひらがな、漢字、カタカナ、数字に漢数字、簡単な記号、複雑な記号などなど)

・ワードなら、文字のサイズや色、フォントの変更も必要です。

・右寄せ、左寄せ、行間等々のレイアウト調整も覚えておきたいです。

・一覧表を組めないと、情報の整理には不都合です。

・写真やイラストを挿入できれば、表現の幅も広がります。

・最終的には印刷したり、保存した書類をUSBメモリに写したり。

最低限、期待される、もしくは役に立つとおもわれるスキルはこんな感じでしょうか。
上記のスキルを習得するために、前提となるスキルもあったりするので、近いうちに系統的にまとめておきたいですね。

--- ads by google ---
ワード、エクセルが出来るコトについての小考察

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です