--- ads by google ---
--- end of ads ---

デジカメ写真にGPS情報を埋め込む

以前、デジカメで撮影した写真ファイルにGPS位置情報を書き込む方法を書きました。

GeoSetter

機能的には十分なんですが、提携してるマップサービスが時々サービスを休止することがあるようで利用できないときがある模様。

タイミングが分かればそれなりに対処できるんですが、不定期なようで非常に不便。

カシミール3D

というわけで代替サービスを探してみるとあっさり見つかりました。

日本のフリー(有料もあり)地図ソフトの「カシミール3D」が対応してました。
「カシミール3D」はときどき利用してましたが、いやはや調査不足でした。

デジカメプラグイン

利用方法も簡単です。

右端に並んでるメニューから「デジカメプラグイン」を起動。

左端に表示されるパネルで写真ファイルを選択したら、あとは地図の中からGPS情報を埋め込みたい地点を選んで、右クリックから「デジカメプラグイン」→「位置情報の書き込み」と指定するだけ。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

簡単です。

GPS情報の埋め込みにはカシミール3D

で決まりですね。

スマホ写真なら直接GPS情報の埋め込みも可能ですが、ネットで簡単に写真ファイルやり取りされる時代ですし、常にそれをオンにしておくのは不安なのも確か。
簡単に自宅特定されますし。

ならば、必要な時だけ後からGPS情報を埋め込む方がずっと良いかも。

自分はBiomeという生き物判定アプリにアップロードする時だけですし、こちらのほうが便利で安心です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


--- ads by google ---
--- end of ads ---