--- ads by google ---
--- end of ads ---

3つもあるWindows8.1の電源の切り方を説明します。

Windows8は、マイクロソフトが従来型のパソコンと、タブレット端末と、二つのインターフェースを融合させようとの試みから、僅か1年半程度の間に、比較的大きな変更が2回入ってます。
その中でも電源の切り方に戸惑われる方も多いと思いようで、実は3つもある電源の切り方を説明しようと思います。

ちなみにマウスで操作する場合のお話ですので、念のため。

パターン1:Windows8共通の電源の切り方

この方法はWindows8のすべてのバージョンで共通の方法ですが、途中のマウス操作が意外と難しくて、年配の方にとってはハードルの高い方法です。

まず、マウスを画面の右下隅に移動

A001

右端から水色で囲ったアイコン郡が飛び出すので、上手にマウスを真上に動かして「設定」マークをクリック。

A002

次に表示された「電源」マークをクリックして、最後に「シャットダウン」をクリックすると電源が切れます。

A003

パターン2:Windows8.1から追加された電源の切り方

Windows8.1では、左下にスタートボタンが追加されました。
ここからも電源を切ることができますが、途中で右クリックが入る為に、これまた年配の方には操作が難しく感じられる方法。

まず、マウスを左下の「スタート」マークにあわせて右クリック。

C001

表示されたメニューを「シャットダウンまたはサインアウト」から「シャットダウン」とたぐってクリックすれば電源が切れます。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

B002

パターン3:Windows8.1 update1 から追加された電源の切り方

つい先日リリースされたばかりの、一番新しい方法で、マウスのクリック操作だけで電源が切れるために、もっとも簡単な方法といえます。

まず、マウスで左下の「スタート」マークをクリック。

C001

表示されたスタート画面右上に、「電源」マークがあるのでこれをクリック。

C002

一覧の中から「シャットダウン」をクリックすれば、電源が切れます。

C003

まとめ

パターン3が最も簡単で本来あるべき操作方法だと思います。
Windows8からWindows8.1 update1までは無料アップデートなので、マウスを使ってパソコンを操作するのであれば、ここまでは必ずアップデートしておくべきです。
ただ、無料であるこからといって、誰もがトラブルなくアップデートできるわけではないのが悩ましいところです。

身近にWindows8の操作に悩んでいる方がいらっしゃいましたら、ぜひ詳しい方、アップデートしてあげてください。

以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


--- ads by google ---
--- end of ads ---