--- ads by google ---
--- end of ads ---

VAIO SX14は従来のS13の後継モデルですね。

S13がSONYからVAIOに移行するときにPRO13からのリネームモデルなので、今自分が使ってるVAIO PRO13の最新機種というコトになりますね。
初代VAIO PRO13ユーザーとしては、ちょっと興味ありです。

外観もサイズもほとんど変わらないんですが、液晶画面が13.3から14へとサイズアップ。
内部的なアップデートのほか、4K液晶も選べるあたりが目新しいところ。

ただ、Core-i7に4K液晶を選ぶとバッテリー稼働時間がだいぶ少なめになるようで、モバイル用途でフル活用するならFHD&Core-i5あたりを勧めてる記事が多いです。

シートバッテリーの復活を!

自分が使ってるVAIO PRO13は初代機なので、底面に拡張用シートバッテリーが装着可能です。
(現行機ではだいぶ前に廃止されてます)
本体と同じ充電容量で、稼働時間も2倍にしてくれます。

SX14-4Kモデルが稼働時間が短いなら、シートバッテリーによる解決策も提供してほしかった。

シートバッテリーのメリットって、稼働時間の延長のほか、スタイルアップや、チルトスタンド的な意味もあって、悪くないグレードアップパーツだったと思ってます。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

厚みは増えますが、正直、もうノートPCは薄くならなくていいです。
十分薄いんですから、シートバッテリーで少々厚くなるぐらいが持ちやすくて丁度よい(実感)。

初代から完成度の高かったPRO13

液晶サイズアップとプロセッサ等の充当なアップグレードを除けば、正直、それほど目新しくはないです。
逆に言えば、初代の頃から十分に完成度が高かった。

自分のPRO13は第4世代Coreなので、第8世代となるとCPUスペックはだいぶ上がってるはず。

ただ、そのスペックアップを実感するような使い方をモバイルPCでするかどうかは、ちょっと微妙。
出先で動画編集やRaw現像する人ってかなり限られます。

というわけで、結論としてはPRO13が壊れでもしない限りリプレイスする必要は無いのかな…というのが当記事の結論だったりします。

— ads by amazon —

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


--- ads by google ---
--- end of ads ---