--- ads by google ---
--- end of ads ---

Chromeアプリを使ってみよう! 04 Google図形描画

「Googleドキュメント」のChromeアプリの出来が良かったことを受けまして、引き続きGoogle関連のChromeアプリをチェックしてみます。
続きましては「Google図形描画」

gdrow01

Google図形描画

スマホアプリのGoogleドキュメントなど、ほとんど対応されていない図形描画も、Chromeアプリではきちんと実装されています。

試してみると、図形を入れたり、表を作成したり、ワードアート(この機能名はちと微妙ですが…)、テキストボックスを作ってみたり、かなり実用的に使えるコトも確認できました。

gdrow03

図形が、用紙の中心や端の位置に移動したときに赤いガイドラインが表示されるような、芸の細かいところにも対応済み。

gdrow04

右クリック時も独自のコンテキストメニューが表示されますし、使い勝手は下手なオフィスソフトに勝ります。

gdrow05

唯一の問題

全ての機能が「Googleドキュメント」に実装済みというコト。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

こちらは「Google図形描画」で作った画面。

gdrow07

こちらは「Googleドキュメント」で作った画面。

gdrow08

同じですね。

おそらく、内部的には全く同じソースコードから作図機能の部分だけを別パッケージにしただけと思われます。
これといってGoogle図形描画にしかない、特殊な機能は見つけられませんでした。

まとめ

Googleドキュメントを使いましょう。

以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


--- ads by google ---
--- end of ads ---