--- ads by google ---
--- end of ads ---

動画プレイヤーをMedia Player Classic HCに変更しました

正しくはMedia Player Classic Home Cinema。

mpc00

なんですが、バージョン情報にはMPC-HCっていう略称しか載ってません…

mpc00b

今まではVLCメディアプレイヤーを使ってたんですが、いくつか不満があって、代替を探してみた次第です。

VLCでの不満点

ひとつは、他のPC上のファイルを再生する場合にGigabit Etherの有線環境ですら、再生が途切れるコト。
たぶん、キャッシュのサイズなどを変更できれば良さそうな気はしますが、いくつか試してもうまくいきませんでした。

mpc00vlc

ふたつめは、PCでTV録画した動画ファイルを再生する場合、最初の数秒は前の番組の部分が再生されますが、このタイミングで音声のビットレートなどが変更された場合、音声の再生速度がおかしくなるコト。

これは、一度プレイヤーの音声を無効にした上で、もう一度有効にすれば元にはもどりますが面倒です。

この2点の解消が第1目標でした。

MPC-HCのメリット

MPC-HCでは、上記2点は、問題なく解消されます。
再生の途切れも、音声の再生速度のきちんと出来てます。

その上で、MPC-HCはキー操作のカスタマイズ項目が豊富です。
再生の一時停止や、早送り/巻き戻し、画面の拡大/縮小に対して、好きなキーや、マウス操作を指定できます。

●マウスクリックによる再生/一時停止の無効

デフォルトでは、画面をマウスでクリックする度に一時停止/再生が行われますが、これは鬱陶しいので無効にします。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

メニューの「表示」→「オプション」から「キーバインド」を表示させて設定します。

mpc01

「再生/一時停止」のマウスウィンドウ、マウスフルスクリーンに設定されてる項目を「なし」に指定することで無効にできます。

●早送り/巻き戻し

早送り/巻き戻しに関しては、(小)、(中)、(大)の3項目があって、デフォルトでは矢印キーの左右に(中)が設定されてます。
キーを(小)か(大)に変更すれば、早送り/巻き戻しの長さを調整できます。

mpc02

●画面の拡大/縮小

普段はフルスクリーンで動画を視聴しますが、動画を見ながら作業をするような場合は50%程度に縮小した方が見やすいです。

mpc03

これもあらかじめキーバインドが容易されていてAlt+1の組み合わせで50%に指定できます。

この三つの機能で、非常に快適に動画が視聴ができるようになりました。

Windowsで動画プレイヤーと言うとVLCプレイヤーが常に紹介されますが、対応フォーマット/エンコードが多いのは確かですが、細かい使い勝手まで比較するとベストではないケースも多々。

不満があるようでしたら、ぜひ別の動画プレイヤーもお試しを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


--- ads by google ---
--- end of ads ---