--- ads by google ---
--- end of ads ---

ATOKのナントカ変換の操作法

以前にも紹介しましたが、パッケージ版も販売になったようなので、もう一度書いておきますね。

ナントカ変換は、予測変換機能です。

入力する単語の後ろ側は分かるけど、前がわからない場合に役立ちます。

「なんとかびじゅつかん」

と入力することで

nantokahenkan

という予測変換を使えるようになります。

操作方法

ひらがな入力後「スペースキー」や「変換キー」を押さずに、予測変換が表示されるのを待ちます。

nantokahenkan01


--- ads by google ---
--- end of ads ---

ちなみに、この時にクラウドを利用して予測変換してるようで、けっこう待ち時間があります。
しばらくして、予測変換が表示されます。

nantokahenkan02

これなれば矢印キーの上下で選択できるようになりますので、選んでENTERキーで確定…という流れ。

nantokahenkan03

正直、ATOKの標準的な操作方法とはちょっと異なるので、分かりやすいとは言えないですね。
ただクラウド利用ということで、動作にタイムラグがあることを勘案して、わざと操作系を変えてきたかもしれないです。

利用頻度は高くはないですが、覚えておくと便利かも。

— ads by amazon —

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


--- ads by google ---
--- end of ads ---