--- ads by google ---
--- end of ads ---

ATOK for iOSがATOK Passportに対応

待望のATOK Passportへの対応が行われたようです。

atokios3

キャンペーン実施中で、ATOK PassportユーザーがATOK for iOSと辞書の同期設定をすれば、ATOK Passportの料金が3ヶ月間無料となると。

ということは、ATOK Passportの料金が309円なので、900円の割引。
プレミアム版の方は514円なので、1500円ほどの割引。

おそらくAppStoreの制約で、ATOK Passportユーザーに無料提供という形にできないために、ATOK Passport側の料金を値引きする方法に出たということのようです。

ATOK for iOSが1,500円なので、プレミアム版ユーザーは実質無料、ATOK Passportユーザーも600円ほどで入手可能ということです。

いい方法です!

と思ったんですが、良くみたら既存のATOK Passportユーザーは2ヶ月無料のみですね…
まぁ、それでも600円割引なんで悪くはないですが、うーん、どの業界も既存ユーザーには厳しいですね…

まぁ、しょうがないです。

まだいろいろ制約はあるんでしょうが、辞書同期が可能になったのは、非常に大きな意味があるので、この機会にiOS端末にもATOKを導入することにしました。

導入

まずはダウンロード

2015-02-24 13.04.33

インストールが終われば、ATOKのアイコンが表示されるのでそれをタッチ。
チュートリアル画面が出るので、指示に従ってATOKが利用できるように設定します。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

基本的には設定画面の「一般」→「キーボード」→「新しいキーボードを追加」でATOKを追加するだけなので、難しいコトは特になく。

2015-02-24 16.22.48

あとは文字入力のアプリ上で、キーボード切り替えボタンを押して、ATOKに切り替えるだけ。

2015-02-24 16.24.04

ATOKの中にもテンキーとQWERTYキーの二つがあるので、それはATOKボタンで切り替えます。
ちょっとボタンが狭くなりますが、仕方なし。

2015-02-24 16.24.11

ATOK SYNCを有効に

そーして、ATOK Syncを有効にするのを忘れずに。

これをしないと、ATOK for iOSと、ATOK Passportを紐付けられませんから割引しようがないですので。

2015-02-24 16.29.33

ATOKのアイコンから、ATOK Syncをオンにして、ユーザー名とパスワードを入力するだけ。
ATOK Passportユーザーなら難しいことは何もなし。

詳細な使い勝手等などは、近いうちにレビューしましょうね。
まずは、購入、設定完了です。

— ads by amazon —

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


--- ads by google ---
--- end of ads ---