--- ads by google ---
--- end of ads ---

今冬、DAWソフト向けにUSBオーディオインターフェスを購入してます。
StinbergのUR22mk2。
電子楽器向けの製品なので、ことさら強調されたりしませんが、24bit/192kHzでの入出力が可能なハイレゾ対応製品です。
こちらをノートPCのUSB端子に接続してバスパワー駆動してDAWソフトを起動すれば、どこでもスタジオが実現できるという優れた製品。

モバイルオーディオにも対応

この製品面白いのは、PCに限らず、iPadやAndroidといったスマホやタブレットにも対応してるトコ。

その場合はUSBからのバスパワー駆動ではなくて、別に設けられたMicroUSB端子から電源を供給します。
背面には、USB2.0バスパワーか、MicroUSBのどちらかから電源を供給するかを切り替えるスイッチがあるので、明示的に運用が可能です。

USB対応のACアダプターでもいいですが、当然ながらモバイルバッテリーからの電源供給もオッケー。
ということは、このUR22mk2は、モバイルでの利用も可能というコト。

というわけで、手持ちの製品をいくつか繋いでみましたところ。

と、こんな感じに。

音源はXPERIA Z4。
そこからOTGケーブル(iBUFFALO BSMPC11C01BK)を挟んでUSB2.0でUR22mk2に接続。

UR22mk2はモバイルバッテリー(Cherro PowerPlus3)からMicroUSBで繋いで駆動。

そのヘッドホン端子から、モバイルスピーカー(SONY SRS-X33)に接続。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

全てバッテリー駆動なのに、どれもすべてワイヤード接続というなかなか味のある構成です。

素直ですっきりした音

音の出口がモバイルスピーカーなので、驚くほどの音質というわけではないですが、それでもBluetooth経由や、XPERIAのヘッドホン端子からの音に比べると、音の解像感に余裕が感じられて、粒の細かいきらめきみたいなのがしっかり見えてくる感じ。

楽器メーカー(Stinberg)の製品ということで、あまりクセもなく素直な音で、いろいろと盛った音が好きな人には物足りないかもしれないですが、個人的には好きです。

例によって、ピアノのアルバムなんか聴いてると、すーっと音が入ってくる感じ。

ハイレゾ音源(moraで無料配信してるVOICESしか持ってませんが…)だと、それが強まる傾向。

きちっとしたハイレゾ対応のオーディオアンプやスピーカーで聞いてみると、違った印象になるんかもしれませんが、今のところ手持ち機材はないので、今後入手することがあれば試してみたい。

さすがにUR22mk2を持ち運んで使うというのは、用途的にも、耐久性にも疑問があるのでしないと思いますが、自宅でオーディオセットにつないだUR22mk2をUSB電源につないでおいて、気分に応じてXPERIAやiPadを繋いで音楽を楽しむというのはありかも。

いつも同じ音じゃなくて、違う機材、違う音質のものを楽しんでいくのは、おおいにありだと思う。

PC向けのオーディオインターフェースを選ぶ時のご参考に。

— ads by amazon —

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


--- ads by google ---
--- end of ads ---