--- ads by google ---

スマホは通常の設定をしてると、常にGPSで位置情報を取得して、それをクラウドサービスに送信してます。
Googleなんかには、貴方がどこに行ったのかは筒抜けなわけです。

まぁ、この情報を元にいろんなサービスを提供してるわけで、これをオフにするとマップとかナビが役立たずになるので、この恩恵を受けるためには位置情報の提供は必須なので、個人のプライバシー的には痛し痒しな現在のスマホ事情。

まぁ、どうせプライバシー筒抜けなら、自分でもきちっと活用しとけばいいんじゃないかという話。

この位置情報は、実は簡単に自分でも確認可能。
いつどこに行ったかを後から調べるにはけっこう便利です。

旅行とか、サイクリングとか。

Googleマップのタイムライン

確認方法は簡単。

Googleマップを表示してメニューから、タイムラインを選択するだけ。

位置情報を記録した場所が赤い点でプロットされます。

任意の赤い点をクリックすると、そこに行った日の行程の詳細が表示されます。
これはなかなかに便利。

去年の10月に仙台白石蔵王まで行った時の行程なんかもこんなに詳細に。

スマホのアプリでもだいたい一緒ですが、全体を赤い点でプロットした表示は出なくて、日付を指定しないといけないので、PCのブラウザから確認するほうが一覧性は高いです。

せっかく記録してる自分のデータなんで、有効に活用しましょう。

スマホで取得してる位置情報を一覧する方法
--- ads by google ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.