--- ads by google ---

今朝ほど、手持ちのVAIO PRO 13(Windows8.1)を起動したら、Windows Defenderのメッセージが表示されて、Iolo関連のフォイルをマルウェアとして特定して、駆除作業をはじめました。

あまり見慣れない画面だったので「なにごと?」と見てました。
メッセージはキャプチャしそこねましたが、Windows Defenderの履歴を見ると


カテゴリ: 望ましくない可能性のあるソフトウェア

説明: このプログラムは、虚偽の製品メッセージを表示します。

推奨される操作: このソフトウェアをすぐに削除します。

項目:
file:C:\Program Files\Sony\VAIO Care\Iolo\iolorgdf64.exe
file:C:\Program Files\Sony\VAIO Care\Iolo\ioloToolsTypeLib.dll

というログが。
(他にもレジストリまで含めたIolo関連のが数件)

が、ネットで情報集めてみると、あぁ、まぁ、そーゆーことか…と納得。

おそらくコトの発端はこれ。

「PCの最適化を強制するような不必要なサードパーティー製フリーソフトを検出・削除する機能を3月1日より実装する」とのことで、たしかにIolo製のツールはまさにこれに該当するようなので。

何か一足先に定義ファイルは対応しちゃったようです。

不要なので別に困らない

このIolo製のツールは、どうもVAIO Careに初めから内包されてるらしくて、なんだってこんなのを入れちゃってるのか?
というか、もしやVAIO Careの本体ってこれ?

まぁ、どっちにしろ不要なソフト、不要なメッセージ(有償アップグレードを促すようなやつ)を出すだけなので、わかってる人にとっては、そんなに有害でもない。

まぁ、実際のとこVAIO Careなんてもう使うこともないので、VAIO Careごと削除することにしました。

ちなみにコントロールパネルの方から削除すると、駆除対象になったVAIO Careフォルダを含むWin32プログラムの方は削除されますが、ストアアプリ版の方は削除されず機能的には利用できます。

逆にVAIO Updateの方が起動できなくなったので、ついでにこちらも削除。

もう、新しいアップデート配信してくれることも無さそうですので。

128GBのSSDモデルで、本体ストレージの余裕が少ないこともあるので、少し不要なソフトやツールは削除しちゃいましょうか。
メーカー添付ツールって、発売して3年もしたら、ほぼ何の意味もないでしょうから。

— ads by amazon —

VAIOからIolo製ツールをVAIO Careごと削除
--- ads by google ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.