--- ads by google ---
--- end of ads ---

OneDriveを使って、Wordファイルの履歴管理をしよう

あんまり宣伝されてませんが、MicrosoftのネットストレージであるOneDriveはWordやExcelといったOffice書類の履歴管理を行ってくれます。

書類を作っていて、つい間違ったバージョンで保存してしまうと、もう前のバージョンには戻せないので、履歴管理を自動的に行ってくれるのはとても便利。
Windows8/8.1では、標準の保存先でOndDriveに変更されてますので、存分に活用しましょう。

以下、その手順をまとめておきます。

前のバージョンに戻す手順

前のバージョンに戻したい書類の右クリックして「共有」から「OneDrive」を選択。

onedexp01

InternetExplorerが自動的に起動してOneDriveの共有画面が開きますが、今回は共有するわけではないので「閉じる」を押します。

onedexp02

「管理」メニューから「バージョン管理」を選択。

onedexp03


--- ads by google ---
--- end of ads ---

新しいタブで、現在のドキュメントが表示されます。
ここで、左側に復元可能なバージョンの一覧が表示されます。

onedexp04

「以前のバージョン」から、保存時刻などを見ながら、復元するドキュメントを選択して、よければ「復元」ボタンを押します。

onedexp05

以上でOneDrive内のファイルはもちろん、ローカルも復元したバージョンのドキュメントに差しかえられます。

まとめ

履歴管理は、独自に実行するとけっこう手間暇かかりますし、手順をミスして結局、古いバージョンを上書きすることも多々ありますので、OneDriveで自動的にやってくるえるのはとても便利です。

なお、MicrosoftはOneDriveの改善の一環で、近いうちにこの操作手順をさらに改善する予定があるそうなので、期待したいところです。

以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


--- ads by google ---
--- end of ads ---