--- ads by google ---
--- end of ads ---

iOS8のShimejiではインライン変換ができません

もう、インライン変換という単語を聞かなくなるほど、今では当たり前に行われるインライン変換ですが、ひさびさに「インライン変換非対応」という状況を目の当たりにしました。

iOS8ではサードパーティー製IMEが使用可能に!

iOS8では、Apple純正の日本語変換だけでなくサードパーティー製の日本語変換プログラム(いわゆるIME)が利用可能になるということで、一部の日本語入力ヘビーユーザーには歓迎されてるわけですが、その一方で、対応を表明していたATOKが、なかなかリリースされずにやきもきした日が続いています。

じゃぁ、ATOKのリリースまでは無料でリリースされてるIMEであるところのShimejiを試してみようということでインストールしてみたところ、ここで思わぬコトを発見してしまいます。

予想もしてませんでしたが、当たり前に使えるはずの、インライン変換ができなかったのです。

インライン変換って?

そもそもインライン変換という単語が何を意味するか説明が必要になるぐらい、日本語入力では当たり前の機能ですが、いちおう状況をご説明。

Apple純正の日本語入力では、フリックで入力した文字が、ひらがなのままテキスト入力欄に表示されます。

2014-09-21 08.33.38

その後に、変換候補から選択することで、日本語変換を実現します。

2014-09-21 08.33.45

入力するラインに、文字が直接表示されるので、インライン変換と呼ばれるようです。

ところが、今回試してみたShimejiでは、動作が異なりました。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

2014-09-21 08.34.14

フリックで入力したひらがなは、テキスト入力欄には表示されず、画面中程の変換候補のすぐ上に表示されます。
テキスト入力欄には何も表示されません。

変換候補から選択することで、初めてテキスト入力欄に文字が表示されます。

2014-09-21 08.34.19

こうゆう動作は、初期のPCやMacではよく見られた動作で視線移動が大きく、画面が大型化するのに伴って効率が落ちるとされた入力方法です。
その後のPC/Macのスペック向上と、OS/ソフト側の対応でこうした操作を見ることはなかったのですが…
久しぶりに「インライン変換」に非対応な状況を見てしまいました。

それも鳴り物入りで登場したiOS8の最初のサードパーティー製IMEで。

不安

今回、Shimejiをインストールしたのは、サードパーティ製IMEが、ちゃんと動くかどうかを確認してみたくて試しに使ってみただけなので、この動作がShimejiだけのものなら、さして問題ではないです。

あくまで無償公開アプリの問題なので。

ただ、ATOKも同じような動作だったら、めちゃくちゃ困ります。
というか、純正はインライン変換オッケーで、サードパーティはNGなんていうようなら、AplleがAPIの利用に制限を課しているということです。
もしそうなれば、Appleに対しての信用は大きく失墜します。

というわけで、iOS向けのATOKのリリースを、期待と不安を持って待ちたいと思います。
どうか、当たり前の機能が、当たり前に利用できますように…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


--- ads by google ---
--- end of ads ---