--- ads by google ---
--- end of ads ---

ATOKパスポートのナントカ変換を使ってみた

ATOKパスポートユーザー向けに、なんとも妙な予測変換機能がリリースされたので、さっそく使ってみました。

ようは、単語の出始めがわからず、後ろの方が分かってる場合に変換候補を予測してくれるという…どっちかというと検索サービス的な動作の機能みたいです。

では、さっそく。

インストールは、スタートメニューの方からJUSTオンラインアップデートを起動して行います。

atok1

後は画面の指示に従っていけば、インストールは完了するので、詳しくは割愛。
PCの再起動が必要になります。

atok6

再起動すると、新機能のガイドと簡単な設定が必要ですので、これまた画面の指示に従って完了させます。

atok7

さて、噂のナントカ変換を試してみます。

操作方法が一瞬分からなかったんですが、どうやら…


--- ads by google ---
--- end of ads ---

該当する単語を入力して、変換を行わずにしばらく待つ

というUI的にどうよっていう手順。

「なんとかがくえん」とだけ入力して、変換せずに待ちます。

atok10

しばらくすると「~がくえん」に該当する予測変換候補が表示されます。

atok11

この状態で、ようやく変換候補を選択できます。

atok12

ほんとにいろいろな「~学園」が表示されますので、思い出せなかった単語を発見できればめでたしめでたし。

まさに逆転の発想の予測変換なわけですが、これがどこまで役立つかは微妙ですね~
果たしてGoogle検索を駆使するのと、ATOKのナントカ変換で探してもらうと、どちらがよいか、少し使って試してみないと何とも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


--- ads by google ---
--- end of ads ---