--- ads by google ---
--- end of ads ---

Kindle端末のネットワークトラブル

結論から書くと、Kindleのネットワークトラブルには「電源ボタンを40秒押すこと」
話はそれから。

Kindle Paperwhiteを復活

Kindle unlimitedに加入したので、しばらく放置してたKindle Paperwhiteを復活させました。
第7世代の古いやつですが、長時間読書にはやっぱり電子ペーパー端末のほうが目の負担が格段に少ない。

サイズが小さいので漫画や雑誌の閲覧には向かないですが、活字ベースの読書にはある意味必須アイテム。

充電しなおしで復活なるはずでしたがトラブル発生。

ネットワークに繋がりません

「KindleはWi-Fiネットワークに接続されましたが、インターネットにアクセスできませんでした。」

むむ。

それなりにネットワークの知識はあるほうなので、DHCPでIPアドレス取りそこねてるか、DNSサーバーとの接続でエラーになってるのか、IPアドレスの手動設定に挑むもダメ。
PCに直接接続してファームウェアを最新にアップデートしてもダメ。

おやー

手詰まりでTwitterにグチ投稿してたら、公式サポートさんに拾われたようで神の声(的確なアドバイス)が。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

公式さんのアドバイスなので、とりあえずそのまま実行してみます。


・・
・・・

(40秒経過)

復活しました。

押してる間、端末の画面はいろいろ変わるんですが、そーゆーのは無視してとにかく40数えましょう。
内部的になにをしてるのかはイマイチ不明ですが、公式のアドバイスなので壊れるような事はないでしょうし、実際ちゃんと治りました。

実はKindleサポートのFAQには書いてるんですが、なんとなく40秒ってのが面倒なのか見なかった事にしてました。
とにかく復活できて何より。

— ads by amazon —

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


--- ads by google ---
--- end of ads ---