--- ads by google ---
--- end of ads ---

テキストエディタ Mery

文章を書くときは主にテキストエディタ使います。
ワープロソフトだと勝手に改行したり、大文字や全角に変換したりするので使いづらいというのが主な理由。

昔は結構そういう人がたくさんいたんですか、最近はあまり流行らないようです。

今までずっとサクラエディタを使っていたんですが、どうもうちの環境だと起動が遅い。
多分、いろんな DLL を読み込んだりする関係で遅くなってるのかもしれないです。

OS 起動時に常駐する設定にしておけば問題ないんでしょうが、常駐させるっていうのに抵抗がありまして、それで我慢して使ってきましたがこのほど代替になりそうなソフトを見つけました。

Mery

こちらのテキストエディタは、起動も早く、頻繁に更新してされており、非常に扱いやすい。

機能的には手の込んだ整形や変換は対応していないようですが、基本的な文章を書くという意味では逆にシンプルな方が使いやすい。
(とはいえ、結構いろんな処理には対応しているので、実用上は全く問題ないはず)

色の配置も、テーマを変更すると一括で変えられますし、折り返しの指定もCtrl+1,2,3で素早く指定可能。
こちらはテーマCobaltで表示中。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

面白いなーと思ったのは「タイプライタースクロール」という機能で、文章の一番最後に来ると、普通はエディタの一番下のあたりで改行&スクロールが行われますが、これをオンにするとエディタの中央あたりで改行&スクロールが行われる。

常にエディタの下側に余白があるのは、ちょっと気分的にも新鮮ですし文章入力のモチベが上がる感じ。

他にも全画面表示であったり、Zenモードであったりと、文章を書くことに集中しやすい環境を意識して開発されてるような印象を受けました。

まだ使い始めたばっかりで、基本的な機能を使ってるだけですが、他の機能も少しづつ使ってみようかと思ってます。

やはりテキストエディタは軽くて扱いやすいのが一番ですので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


--- ads by google ---
--- end of ads ---