--- ads by google ---

本日リリースになった、Apple Musicをさっそく試してみましたが、それにしても新サービスを受けるのにわざわざOSをアップデートしないといけないっていうのは、大きなマイナス要因。

2015-07-01 18.15.07

普通の人は、OSアップデートなんてほぼしません。
なぜミュージックアプリだけを最新に更新する…で対応できなかったのか?

このへん、最近のAppleの技術力が低下してるのか、何か根本的な設計方針が変わっているのか…

いずれにしろ、今のApple Musicは、スマホのOSアップデートをするという一部のユーザー向けのβテストみたいな状況と考えて良く。

2015-07-01 18.15.43

実際、3ヶ月は無料トライアルが準備されますし、次のiPhoneとiOS9が出る頃が正式サービスインぐらいに考えてた方が良さそうです。

ミュージックアプリを起動するだけ

難しいコトは何も無くて、ミュージックアプリを起動して、自分の好みのジャンル、アーティストを指定していけば、「for you」タグにレコメンドリストが表示されます。

「ジャンル」「アーティスト」指定画面ですが、ふわふわした風船みたいなモノをタッチすると、指定された風船が大きく膨らんで表示されます。
指定しない場合は、長押しすると風船が割れます。

2015-07-01 18.19.05 2015-07-01 18.21.55

これを直感的と表現するか、一覧性に劣り指定しずらいと表現するかは、人それぞれでしょうが、自分は後者です。

2015-07-01 18.22.05 2015-07-01 18.25.11

レコメンドされるリストは…正直、あまり馴染みがないというか、海外のアーティストだらけなのはちょっとどうかと。
FUSIONの指定が無かったのでJAZZをジャンルに指定したのが、大きく影響したようで、海外のJAZZミュージシャンのリストばっかり。

何かのBGMに使おうか…っていうなら悪くないですが、音楽を聴きたい時にこれをオススメされても、すぐにローカルの曲を再生しちゃいそうです。

配信可能な曲に制限があるのも大きな要因でしょうが、これは積極的な利用をするのに躊躇するレベル。
少なくとも有料サービスとして980円を支払う気になるレベルではないです。

Grooveのように、ローカルの曲からプレイリスト作ってくれるサービスの方が遙かに役立ちます。
3ヶ月後の、有料サービスとしてのスタート時までに、このへんの不足感をどこまで補えるか。

まだまだ、お試しレベルで、大多数のユーザーが使い始めるであろう次期iPhone登場時までに、どこまで質を向上できるか…ですね。

Apple Musicを試すも…まぁ、まだ無料ですし
--- ads by google ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です