--- ads by google ---
--- end of ads ---

Outlookに2つめのメールアドレスをセットした時のトラブル

あまりオススメはしませんが、メールのクライアントとしてOutlookを使用されている方がおられます。

ole00

Outlookはメールクライアントというよりは、業務ツールとしての機能が豊富で高機能すぎなんですよね。
とはいえ、どのソフトを使うかは個人の自由です。
ただ、Outlookを個人用に使い続けてると、たまに不思議なトラブルに見舞われます。

トラブル内容

つい最近、持ち込まれた案件の中では、突然Outlookで正常にメールが送受信できなくなったというのがありました。
こんなエラーが出てます。

ole00e

自宅に伺って調べてみると、どうやらメールの設定ファイルを、さっくり削除してしまった模様。

原因は?

設定ファイルの場所に原因がありました。
ドキュメントフォルダの下にOutlookというフォルダを作成して、その直下に置かれていました。

ole03

後で教室PCで再現してみたところ、Outlookに最初のメールアドレスを設定する時は、不可視フォルダであるユーザーフォルダの下に設定ファイルが作成されるんですが、2つめのメールアドレスをセットするときはドキュメントフォルダ直下に作成されるという謎仕様。

これじゃぁ、ユーザーが間違って消しちゃう可能性ありますよね…


--- ads by google ---
--- end of ads ---

対策は?

設定ファイルのあるOutlookフォルダを移動させるのは、ちょーっと面倒なので一番影響のなさそうな方法で対策。
間違って消されないようにすればいいだけなので、Outlookフォルダを不可視フォルダにしちゃいます。

ole04

Outlookフォルダ上で右クリックをしてプロパティ画面を表示します。
そこで「隠しファイル」のチェックボックスをチェックしてOKをクリック。

ole05

次の確認画面でもそのままOKを押すと、Outlookフォルダ自体が表示されなくなりますから、これでうっかり削除してしまうということも無くなります。

ole06

まとめ

というようにOutlookは、高機能が故に、ときどき謎仕様に当たることもありますので、特別な理由がない限りは、もっとシンプルなメールクライアントをオススメいたします。

以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


--- ads by google ---
--- end of ads ---