--- ads by google ---

Windows10のOctober 2018 Updateで、ファイル消失の報告あり…というので、実は思い当たることがあったので、こないだアップデートしたCore2Duo-SSD機の運用をストップしてたんですが、このほど対策とパッチの提供が始まった模様。

バックアップ作業のために、外付けHDDにコピーした動画ファイルを、October 2018 Updateを適用したCore2Duo-SSD機で、USB接続のBlu-rayに書き込んでたんですが、作業中に突然にファイルの1個が消えました。
直前に動画ファイルの名称をつけ直してたりしたんですが、再起動したら、名称変更前の名前に戻ってたりと…NTFSのジャーナル機能でロールバックしたんでしょうが、詳しい原因は不明。

Microsoftからのリリースによると、OneDriveにからんだ症状のようで、うちのケースとは異なりそうですが、とりあえず今回配信のパッチを当てた上で、少し様子を見つつ、なるべく実ファイルを扱う作業はしないようにしようかと。

HDDやUSBまわりのエラーの可能性ももちろんあるので。
システムログにそれらしいエラーは無かったんですが…何だったんでしょうか?

大事なファイルは2箇所以上に保存

とまぁ、Windows10でのファイル消失バグについての顛末はそんな感じですが、今回の教訓はバックアップについて。

今回消失した動画ファイルは別PCにコピー元があったので特にダメージはありませんでした。

そうです。

いついかなる場合も大事なファイルは2箇所以上にコピーを作っておくことが大事。

これはファイルのバックアップについての鉄則です。

HDDだろうが、SSDだろうが、Blu-rayだろうが、フラッシュメモリだろうが、故障や破損、バグなどでファイルが消えてしまう可能性は常にあります。
確率は低くても、常に可能性がある以上、大事なファイルはそれに備えておくことが大事です。

バックアップ作業の基本は「コピー」または「ミラーリング」機能を使って、常に2箇所以上に存在させておくのが正解。
たとえRaid5のストレージだって、壊れるときは一気に壊れますから。

ネットストレージも良い

あとは、PCが2台以上あるなら、OneDriveやDropboxといったローカルにコピーを作るタイプのネットストレージで同期しておくのも効果的。

操作ミスで1台でファイルを消してしまっても、2台めのほうにはローカルファイルとして残っているので。
ただし、そのまま起動すると自動同期で2台めのPCからも消えちゃいますので、必ずネットワークから外した状態で起動してファイルをコピーすること。

そのあたりのコトも含めて利用、運用すればファイル共有以上の価値をもたせることもできます。

リスクには備えれば良い

現代社会ではPCの恩恵なくして社会が成り立たないわけですが、そのリスクは確かにある。
それに対して常に備えを考えておくこと。

もちろんAppleのタイムマシーンのような完全バックアップソリューションを備えるのもありといえばありですが、やや過剰です。
ITに詳しいユーザーなら、もっと低コストで実用的なソリューションを組めますし、そうした手法はいくらでもあります。

いざ、という時は必ずきますので、必ず備えをしときましょう。

— ads by amazon —

大事なファイルは2箇所以上にコピーする
--- ads by google ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください